1. トップ
  2. レシピ
  3. 食べて開運!厄を落として福を呼び込む“風水開運鍋”レシピ

食べて開運!厄を落として福を呼び込む“風水開運鍋”レシピ

  • 2014.12.2
  • 1527 views

食べて開運! 厄を落として福を呼び込む“風水開運鍋”レシピ

そろそろ年の瀬。今年はどんな年でしたか? 来年に良い運を迎え入れるためには、今年1年間の“毒出し”をしておくことが大切。食風水の考えにもとづいた「開運厄落とし鍋」のレシピをお教えします!

●悪い気を出して良い気を取り込む“食風水”

こんにちは、ライフアップコーチあべけいこです。

古代中国から伝わる風水術は、自分や身の回りの“気”(生体エネルギーの一種)を整えて運気を上げる開運術。気は万物の中に流れているもので、体の中も同様です。そして、食べ物は体を流れる気に大いに影響を与えます。

食材や調理法を選び、体内に良い気や吸収したい気を摂り入れることで運を上げる手法を「食風水」と呼びます。この理論から、今年の厄落としができる“開運厄落とし鍋”のレシピを紹介します。

●悪縁をさっぱり切って良縁を取り込む!「海鮮トマトスープ鍋」

人との縁は、運に大きな影響を及ぼします。嫌いな人、不誠実な人、運の悪い人とはきっぱり縁を切り、良い人との縁をつなぎましょう。オススメは「離(り)」の作用がある火の気をいっぱい取り込める、「海鮮トマトスープ鍋」。

赤い色の食べ物、たとえばトマトや、エビなどの魚介類は、火の気を持つ食べ物。ここに縁を結ぶ木の気を持つ野菜と麺類をたっぷり入れて食べることで、嫌な人と縁が切れ、素敵な人との縁が結べます。

<海鮮トマトスープ鍋>

■材料

(スープ)

・トマトピューレ…1缶

・トマト…1~2個(お好みで)

・コンソメ…適量

・塩コショウ…適量

・鷹の爪…適量

(具材:それぞれお好みの量で)

・エビ、イカ、白身魚、アサリやホタテなどの魚介類

・ワカメや海藻類

・キノコ類、キャベツ、白菜、ブロッコリーなど好みの野菜

・細いパスタ麺

●来年に変化を起こす「薬膳牛鍋」

今年が「最悪!」だった人は、思いっきり運を変えましょう。変化を表す土の気に、「離」の作用のある火の気を加えた薬膳鍋で、大開運!

練り物や牛肉は変化を表す土の気を持つ食べ物。また、タケノコや百合根、ジャガイモなどの野菜も同様です。火の気を持つ、苦味のある薬膳風の味つけで食べれば、厄落とし&良い方向への変化が。

<薬膳牛鍋>

■材料

(スープ)

・鶏がらスープ…1.5L程度

・日本酒…2分の1カップ

・ナツメ…7~8個

・クコの実…10~15粒

・ニンニク…3片

・長ネギ…1本

・鷹の爪…適量

・塩こうじ…大さじ2

・塩コショウ、しょうゆ…適量

(具材:それぞれお好みの量で)

・牛肉

・豆腐

・さつま揚げや白身魚の団子など練り物

・タケノコ、百合根、ジャガイモ

・ニラ、白菜、春菊など

体が温まるおいしい鍋を食べながら、今年の毒出しをして来年に備えましょう! ぜひお試しあれ。

文/ライフアップコーチあべけいこ

元記事を読む