1. トップ
  2. 恋愛
  3. 女子に遠慮されると男子が泣きたくなる瞬間って!?

女子に遠慮されると男子が泣きたくなる瞬間って!?

  • 2016.12.17
  • 114528 views

とくに付き合って日が浅いうちは、カップルでお互いにいろんなことを遠慮しあうと思います。

タクシーに乗るときだって

「あなたが先に乗ってよ」「おれは後から乗るから、君、奥に乗りなよ」

みたいな問題もあるかと思います。奥の席って乗りづらいんですけどね。

今回は「これを女子が遠慮しちゃうと、男子が泣きたくなる瞬間」に迫ります。

さっそく見ていきましょう!

1:「送ってあげるから」問題

「雨の日、ぼくの車で彼女を送ってあげると言っているのに、

彼女は絶対にぼくの車に乗ろうとしません。

車内でよからぬことをする男みたに思われているように感じてすごく悲しくなります」

(30歳・建築)

賢い女子というか(恋愛上手な女子と言うか……)は、

じぶんの家の近所のコンビニで降ろしてもらうようにしますね。

 

2:お会計で払おうとする

「ぼくがごちそうすると言っているのに、お会計のとき、絶対にいくらか払おうとする女子!

泣けてきます」(28歳・コンサル)

この問題もとてもデリケート。

いろんなふたりの関係を考慮したうえで、男子が決めた「払う・払わない」という判断でしょうから、

一概には言えないものの「おごられ上手」になったほうが、

女子にとっては良いことかと思います。

スマートに嫌味なくおごられる女子は、オトナになると、なぜか「ものすごくいい女性」に見えますから。

 

3:ずっと「○○さん」と呼ばれ続ける。名前の呼び方問題

「10個年下の女子と交際していますが、ずっと苗字に『さん』をつけて呼ばれます。

ニックネームで呼んでくれる女子と交際したかった」(36歳・会社役員)

相手の名前をどう呼ぶかというのは、なかなかの大問題。

傾向として、学校時代によく遊んできた女子は、

彼氏にニックネームをつけるのがうまいように思います。

ニックネームで呼ぶ、というのは学ぶべきポイントかもしれません。

相手の名前の呼び方は、ホントにおろそかにできないものだからです。

 

4:直箸(じかばし)問題

「何回デートしても、ぼくの彼女は直箸で料理を取り分けません。めちゃ泣けてきます」

(29歳・会計士)

ヘンに遠慮したら、男子はたいてい泣きたくなるという代表的な問題ではないかと思います。自分の存在を否定されたように感じてしまいます。「(自分と)キスしたくないのかしら」と。

 

いかがでしたか?

商売がうまいひとは「気を遣うなら金を使ってよ」と言います。

つまり、お互いにヘンな遠慮をしていたのでは、楽しく暮らせないでしょ? と言っているのです。

当然、これはカップルにおいても当てはまる法則です。

もっとも、カップルで「金を使ってよ」は、ないでしょうから、

気を遣うくらいなら、なにを使うべきか?

それぞれお考えになってみると、楽しい恋愛ができるのではないでしょうか。