1. トップ
  2. レシピ
  3. ショウガは朝食べなきゃ!冬の代謝UPには『朝ショウガ』がおすすめ

ショウガは朝食べなきゃ!冬の代謝UPには『朝ショウガ』がおすすめ

  • 2014.12.1
  • 345 views

朝起きるのが辛い季節になりましたね。起きてから体温が徐々に上がることで、身体は活動を始め代謝モードに切り替わるのですが、冬は外気温が低いため、なかなか身体が温まりません。体温が低い状態が続くと、体温が1℃低いと基礎代謝が約13%ダウンすると言われています。冬太りの予防には、朝の体温を上げることがキーポイントのようですよ。

■朝ショウガでエネルギー消費がUP!?

食品医学研究所の平柳医学博士によれば、朝10g(生の状態で)のショウガを食べることで、食後3時間にわたりエネルギー消費が6~8%上昇した、とのこと。食事をすると、消化・吸収のために胃腸が動くことでエネルギーが消費され、エネルギーが消費されることで、身体が熱を生み出すのですが、冬は気温が低いため、すぐに冷えてしまいます。ところが、ショウガを食べると食後3時間も熱を生み出すそう。朝にショウガを食べれば、寒い午前中も身体ポカポカ、代謝UPで過ごせそうですね!

■ただ食べるだけじゃダメ!ショウガで代謝UPするポイント2つ

(1)加熱・乾燥を!

ショウガに含まれる代謝UP成分「ショウガオール」は、生の生姜に含まれる「ジンゲロール」が、加熱・乾燥させることで生れる成分。そのため、代謝UPや冷え取りのために生姜を食べるのであれば、加熱・乾燥したショウガを食べなくては意味がありません。先述の実験でも、加熱したショウガを使用しています。

(2)1日10g~30gを目安に

ショウガオールの効果を実感するためには、1日10g~30gのショウガを毎日食べることがポイントなのだそう。特に冷えが気になる方は、毎食10gのショウガを習慣にすると良さそうですね。

■忙しい朝も簡単!代謝UPショウガレシピ

ショウガオールをジンゲロールに変化させるには、ショウガを加熱後に乾燥させるのが一番なのですが、どちらか一方でもジンゲロールに変化します。

(1)ジンジャーティー

すりおろしたショウガを入れて水を沸かし、紅茶を入れれば、代謝UPジンジャーティの出来上がり!(100℃以上になるとショウガオールが壊れてしまうため、沸々してきたら、すぐに火を止めましょう。)

(2)ジンジャーハニースプレッド

すりおろしたショウガを電子レンジで温め、ハチミツと混ぜて出来上がり。ヨーグルトやパンと一緒に。

(3)ドライショウガ入りお味噌汁

スライスして乾燥させておいたショウガを細かく刻み、お味噌汁に加えます。お味噌汁だけでなく、スープやヨーグルト、サラダにかけるなど、ドライショウガを作っておけば何にでも使えて便利です。

加熱・乾燥したショウガを取り続けることで、基礎体温が上昇したとの実験結果もありますから、冬太り予防のためにも、冷え取りのためにも、朝ショウガを毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

(岩田麻奈未)

元記事を読む