1. トップ
  2. ダイエット
  3. 華奢見え&バストアップ効果も。“背中の贅肉”へのアプローチも美スタイルづくりの鍵です

華奢見え&バストアップ効果も。“背中の贅肉”へのアプローチも美スタイルづくりの鍵です

  • 2016.12.16
  • 80048 views

「理想のボディラインを実現したい」「いつまでも理想のスタイルをキープしたい」と、エクササイズやヨガ、ストレッチなどを生活に取り入れている方は少なくないと思います。でも少し待ってください。鏡で自分の後ろ姿までしっかりチェックできていますか?

どうしても鏡に映る正面からのスタイルに注意が向いてしまうものですが、背中やお尻などの後ろ姿も贅肉のないスッキリした状態であることもスタイルアップの鍵になることは間違いありません。そこで今回は“背中の贅肉”に効果的にアプローチできる簡単ヨガポーズを紹介します。

“背中の贅肉”へのアプローチで若返った印象に

スッキリとした背中は華奢見えの大切なポイントの1つです。背中に贅肉がたっぷりついている状態だと、その分年齢が実際よりも上に見えたり、太った印象に見えたりとデメリットがたくさん。逆に背中の贅肉が落ちれば背筋がスッと伸びやすくなるので姿勢が改善され、よりスリムな印象を強調できます。

また、バストアップのためのトレーニングと言うと、どうしてもバスト側(身体の前側)の筋肉、特に大胸筋にアプローチすることをイメージする方も多いと思いますが、実は背中側(身体の後ろ側)の筋肉にアプローチすることも大切。背中にアプローチするエクササイズを行うことで、肩甲骨周辺の関節や筋肉の可動域が広がりバストアップにも繋がるのです。

簡単ヨガポーズで“背中の贅肉”にしっかりアプローチ

なかなかアプローチしづらい“背中の贅肉”にアプローチできる簡単ヨガポーズが「猫ねじりのポーズ」。自分の体重を利用するポーズなので手軽に実践できます。

(1)四つん這いの状態から片方の腕をカラダの下を通すようにして息を吐きながら上半身をねじる

(2)もう片方の腕を息を吸いながら上方に引き上げる

(3)(2)の姿勢を腹式呼吸をしながら3呼吸以上キープする

この「猫ねじりのポーズ」は左右それぞれ行いましょう。なお胸の位置が下に落ちてしまった状態では発揮しませんので、(3)の時は目線を上げて胸がスッキリ開いた姿勢をキープするよう心がけてください。

特にこの季節は寒さや重ね着の影響でどうしても姿勢が丸まりがち。そんな猫背気味の肩が丸まった姿勢を改善する“背中の贅肉”へのアプローチを習慣的に行えば、日に日に背中がスッキリしてきますし、姿勢も改善されバストアップ効果も実感できると思います。いつまでも美しいスタイルをキープするためにも、ぜひ実践してみてください。

ヨガ監修:原朋美(ゼロヨガ八王子店)