1. トップ
  2. メイク
  3. メイクアップアーティストが図解!赤リップと最高に合う「アイメイク」テク

メイクアップアーティストが図解!赤リップと最高に合う「アイメイク」テク

  • 2014.12.1
  • 1940 views

まだまだ衰えを知らない人気の赤リップ。今人気の歌姫・テイラー・スウィフトも好んで赤リップを使っていますよね!

“赤リップの時は他のポイントメイクを控えめに”なんて掟はよく見ますが、本当に文字通りアイシャドウや眉をノーメイクにしてしまったら、赤リップのステキさを激減させてしまいます。

そこで、意外と知らない赤リップに似合う“正しい引き算アイメイク”をメイクアップアーティストの黒木絵里がご説明します。

アイシャドウは“ゴールド・グラデ塗り”で

赤リップが主役なので、脇役級のアイシャドウをチョイス。これ単品では少しもの足りないなぁというくらいのものがちょうど良いでしょう。

目の際から二重のラインは濃く、アイホールにいくにしたがってグラデーションをつけます。ポイントはリップに置きつつも、しっかりと“彫り”を強調できていますね。メタリックなタイプを選べば視線を伏せた時のキラキラも素敵ですよ。

アイライナーはブラウンを

アイラインはブラウンのペンシルで、まつげとまつげの間を埋めるように描いていきます。アイメイクはあくまで脇役として抑えるためリキッドアイライナーではなく、よりナチュラルに仕上がるペンシルアイライナーで色は肌なじみの良いブラウンをチョイス!

チークはマットなテクスチャーを

チークは血色を足す程度で、マットなピンクを薄くのせます。

いかがでしょうか。赤リップが主役ですが、目元も良いバランスが取れていますよね! ゴールド系のアイシャドウは1つ持っているだけで、何かと出番がある優れモノです。赤リップとゴールドアイシャドウの組み合わせは、これから年末年始に向けたパーティーシーズンにもベストマッチしますよ!

(メイクアップアーティスト:黒木絵里)

オリジナルサイトで読む