1. トップ
  2. グルメ
  3. おしゃれ空間で女子飲み!地元民に人気の京都の酒場4選

おしゃれ空間で女子飲み!地元民に人気の京都の酒場4選

  • 2016.12.15
  • 1733 views
undefined

出典:http://news.walkerplus.com

女子会はもちろん、“お一人様”でも気軽に入れる新店が、京都に続々と登場!特に、木の温かみや建物の歴史を感じられる和モダンな店が、京都の地元民を中心に人気となっている。そこで、混雑必至の人気店の中でも編集部がおすすめする、京都の女子飲みにぴったりな店を紹介しよう!

■ 京町家を生かしたモダンなスタンドバー“BEFORE 9”

烏丸御池の京町家をリノベートしたスタイリッシュなスタンドバー「BEFORE 9」。全国からえりすぐったクラフトビールと日本酒が常時8種類ずつそろい、スタイルや味わいの違いを楽しめるうえ、不定期でイベントも開催されていて地元民を中心に賑わっている。

創作料理も充実しており、「スティック野菜酒粕バーニャカウダ」(600円)、「鶏の山椒から揚げ」(700円)など、お酒が進むメニューが豊富にそろう。日本酒グラスは600円、ビールは好みのサイズに合わせて楽しむことができ、「S(240ml)」(650円)、「M(310ml)」(800円)、「L(450ml)」(1100円)とそろう。

■ イタリアの陽気さと京都の風情が融合した立ち飲み“柳小路TAKA”

イタリアの日本食レストランの名店、NOBU/Armaniで、板長として腕を振るった経歴を持つ西村 崇シェフが、出身地の京都で立ち飲み店「柳小路TAKA」を河原町にオープン。漁師から直接仕入れる魚介や朝絞めの鶏、京野菜など、厳選した食材で作り上げるジャンルレスな料理が魅力だ。

「焼鳥」(150円~)や、揚げゴボウがのった「卵かけご飯」(500円)など、シェフの技とアイデアが光る。精米歩合の異なる「日本酒7種テイスティング」(1200円)も人気!

■ 上質な日本酒と多彩な料理をバルスタイルで楽しめる“益や酒店”

全国から厳選した鮮度の高い日本酒を、日替りの食事メニューと共に楽しめる、女性店主が河原町で営む店「益や酒店」。料理はおばんざいや全国の珍味が中心で、35種類以上の「日本酒(半合)」(486円)はコスパも良好だ。

おばんざいは日替りで3~5種類が並ぶ(写真はサケの南蛮漬け、わさび枝豆、ウズラ卵の燻製など)。「おばんざい盛り合わせ(小)」(756円)、日本酒好きなら必食「酒盗」(432円)など、この店ならではの珍しい料理やお酒をいっしょに味わおう!

■ “SOWGEN antiques-plants-cafe&bar”のおしゃれな空間でクラフトビールを

京都・北白川の人気店、そうげんカフェが、アンティーク家具などの販売スペースとカフェを併設した姉妹店「SOWGEN antiques-plants-cafe&bar」を河原町にオープン。サンドイッチやタパスなどのフードやスイーツのほか、アルコール類も充実している。

京都産の野菜を彩りよくトッピング「京野菜グリルのオープンサンド」(700円)、日替りの「タパス3種盛」(600円)は、京都の地ビール「町家麦酒」(700円)を片手にチョイ飲みするには最適だ!【関西ウォーカー編集部】

元記事を読む