1. トップ
  2. ファッション
  3. ザディグ エ ヴォルテール 2015年春夏コレクション - リラックスムードに、ロックテイストを取り入れて

ザディグ エ ヴォルテール 2015年春夏コレクション - リラックスムードに、ロックテイストを取り入れて

  • 2014.11.30
  • 396 views

ザディグ エ ヴォルテール(ZADIG & VOLTAIRE)が、2015年春夏コレクションを発表。「規則を破り、型をこわすこと」をテーマに、ロックなマインドを持ちながらも、エレガントなスタイルを提案した。

特徴的なのは、ウエストにレザーを取り付けたメンズライクなパンツや、フリルをあしらったワンショルダートップスなどの非対称的なデザイン。さらに、光沢のあるルレックスで編まれたメッシュトップスの輝きが、コレクションを華やかに飾った。

パレットは、ブラックやホワイトに加えて、ターコイズ、イエロー、ピンクなど鮮やかなカラーが登場。すべてワントーンルックでコーディネートされ、素材の違いを視覚的に捉えることができる。またレザーやカシミアなどのラグジュアリーな素材を採用し、洗練された印象をプラス。

シューズは、ジャクソン・ポロックのアート作品を彷彿とさせる、ペンキが散りばめられたレザースニーカーや、ローヒール、ビーチラバーサンダルなどリラックスムード溢れるアイテムが揃う。加えて、四角いプレート状のブレスレットとリングなど、無機質なアクセサリーがコーディネートに加えられた。

今シーズンもスタッズやラインストーンなどをあしらい、ヘンリーネックカットソーやカシミアニット、ダメージ加工を施したデニムなど、定番アイテムが形や装飾を変えて登場。その中で、ネックラインとバストの間に大胆な切込が入ったメッシュミニドレスなど、フェミニンな装いがコレクションに華を添えた。

リラックスムードのリアルクローズに、遊び心やロックテイストを加えたルックが飾った今季。デザイナーの新しいものを生み出したいという強い精神が感じられると共に、定番アイテムを毎度登場させることで、伝統的なフレンチスタイルを守り抜きたいという意志も感じられる、力強いコレクションとなった。