1. トップ
  2. ファッション
  3. タイニーダイナソー 2015年春夏コレクション - 儚げなモチーフで描く、人間の複雑な心理

タイニーダイナソー 2015年春夏コレクション - 儚げなモチーフで描く、人間の複雑な心理

  • 2014.11.30
  • 242 views

タイニーダイナソー(tiny dinasaur)が2015年春夏コレクションを発表した。

テーマは、壊れやすい、儚いといった意味を持つ「FRAGILE(フラジール)」。今シーズンは、誰しも意識の奥には危うく、そして脆い部分を持っているはずだという考えから構成された。そういった心の奥底に潜む気持ちを形で表現し、洋服に落とし込んだコレクションを披露する。

一番の特徴は、不規則で一様ではない柄が至る所に描かれた点。プルオーバーや丈の長い上着に見られる模様は、絵の具をたたきつけたようにも見える。また、空を浮遊しているかのような柄はワンピースやタイツなどに取り入れられた。同様に、ざっくりとした不規則なプリーツが施されたスカートやワンピース、パンツにまで、抽象的な絵が描かれている。

カラーは、深いネイビーやブルーなどダークトーンが基調。そこにホワイトを効果的に挿し込むことで、暗い色との対比を楽しむことができる。そして、時折レッド、グリーンなどの冴えたカラーも、コレクションピースに取り入れられた。

その他、足元に目を移すとレッグウォーマーのようなサンダルが登場。今シーズンは、人間の心の移ろいや複雑な心理が、モチーフとなってワードローブに描かれ、儚げなイメージが表現された。