1. トップ
  2. レシピ
  3. 千葉のブランド豚を様々な味変で楽しめるボリューム丼

千葉のブランド豚を様々な味変で楽しめるボリューム丼

  • 2016.12.8
  • 3424 views
undefined

出典:http://news.walkerplus.com

東関東自動車道の湾岸幕張PA(下り線)では、「マーガレットポークの豚トロロ丼」(1000円)が好評を博している。

マーガレットポークとは、千葉県の旭市、銚子市、香取郡東庄町、香取市などで生産されるブランド豚で、年間の出荷頭数はおよそ30,000頭。子豚から出荷まで乳酸菌入りの飼料で飼育することにより、健康で安全、そして柔らかく脂身も甘いのが特徴だ。

このマーガレットポークを、千葉県産の味噌をベースとしたオリジナルのたれで香ばしく焼き上げ、白く上品な丼に盛り付け。卵や下味をつけたとろろも添えられ、たまごを肉にかければまろやかで優しい味わいに。もちろん白飯にかければ、とろろ飯や卵かけ飯と、様々に味変を楽しむことができる。

1人前約480gとボリューム満点の「マーガレットポークの豚トロロ丼」。湾岸幕張PA(下り線)を利用される際は、マーガレットポークを味わってみてはいかが。【ウォーカープラス編集部】