1. トップ
  2. ファッション
  3. 「シェアパーク」がオンワード主力5ブランドのデザイナーと起用。“ハウスコラボ”でクリスマスギフト提案

「シェアパーク」がオンワード主力5ブランドのデザイナーと起用。“ハウスコラボ”でクリスマスギフト提案

  • 2016.12.6
  • 1121 views

ライフスタイルブランド「シェアパーク(SHARE PARK)」は、オンワード樫山主力5ブランドのデザイナーによるクリスマスギフトアイテムを展開する。

同社は、今年5月にも所属ブランドの枠を越えたデザイナーがレインウェアを製作するという企画を実施。その第2弾となる今回は、「GIFT」「SHARE」をキーワードに、一本の糸から形作られるニットアイテムならではの温かみ、心地良さを生かしたクリスマスギフトを提案。家族や男女で“シェアできる”レタードセーターとマフラー、フード付きスヌード、女性へのプレゼントや自分へのご褒美をテーマにしたセーター、親子お揃いのニットキャップなどをラインアップする。

同コレクションは、12月7日から12月25日までの期間、ららぽーとTOKYO‐BAY店のイベ ントスペース“PARK”をメインに全国10店舗と、公式通販サイト 「オンワード・クローゼット」で販売。店頭では選べるリボンラッピングサービス、オンワード・クローゼットでは特設サイトも開設する。

公式サイト