1. トップ
  2. 恋愛
  3. 画数で占う姓名判断とは違う、語感が持つ名前の力とは? 気になる人との相性も分かる!?【黒川伊保子】

画数で占う姓名判断とは違う、語感が持つ名前の力とは? 気になる人との相性も分かる!?【黒川伊保子】

  • 2014.11.28
  • 1180 views

最近では、キラキラネームと呼ばれる名前が話題になるなど、親から贈られる最初のプレゼントである名前は、やはり人は注目しがち。自分の名前が好きですか? あまり好きではないという人も、名前が持つ力を知れば、見る目が変わるかもしれません。

脳科学者の黒川伊保先生は、人工知能の研究の過程で、ことばには意味を超えて、ヒトの意識をある方向に導く力があることに気づきます。それが語感力。発音するときに筋肉が緊張するか弛緩するかによって、発せられたことばのイメージが変わるということです。

もちろん、それは名前にも影響するはず。ここでは、名前の最初の文字から、その名前で呼ばれる場での性格を見てみましょう。

■名前の最初に「ま・み・む・め・も」がつくM音人

マリ、マミ、ミホ、ミキ、ミナ、メグミ、マツモト、モリヤマなど、M音の名前を口にした人は、その持ち主が甘くやわらかく、満ち足りた存在であると感じます。だからこそM音人は、ストレスフルな現代社会では、学校や職場にひとりいてくれると安心な人。ただ、大切にされる一方で、男女ともに仲間に頼られ、気づくと雑用を押しつけられることも。爽やかに断る術を身につけるといいかも。

M音人は結婚適齢期によくモテます。家庭をしっかり任せたいエグゼクティブの好感度が高いので玉の輿運も。一方、生活力のないタイプに寄生されることもあるので、ダメンズに注意したほうがよさそう。恋愛相手としては、癒し合えるのは、頼りがいのあるT音人(名前の最初に「た・ち・つ・て・と」がつく人)やB/P音人(名前の最初に「ば・び・ぶ・べ・ぼ/ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ」がつく人)。ドキドキハラハラするような恋愛をしたいなら、A音人(名前の最初に「あ」がつく人)やI音人(名前の最初に「い」がつく人)を相手に。

■名前の最初に「ら・り・る・れ・ろ」がつくR/L音人

リサ、リカ、リナ、リエ、ルミ、レイナ、リュウザキなど、R/L音の名前を口にした人は、文句なしの華麗さを感じます。名前を呼ばれるたびに「キレイ」と賞賛されているかのようなので、R/L音人は美しく育ちます。そんな華やかなイメージと同時にクールな合理性をも感じさせるので、「女」と「能力」のふたつを前面に出して活躍できるかも。

R/L音人は、技巧的なイメージがつきまとうので、あなたから親密感をアピールしないと表面だけの付き合いからなかなか抜け出せません。意識的に人に迷惑をかけてでも、親密でカワイイ頼みごとをしてみては? 恋愛相手としては、癒しあえるのは、あいまい音系のY音人(名前の最初に「や・ゆ・よ」がつく人)と振動音系のG音人(名前の最初に「が・ぎ・ぐ・げ・ご」がつく人)。アクティブな恋愛をしたいのなら、O音人(名前の最初に「お」がつく人)がベストパートナー。

まとめ:黒川伊保子が教える、幸せを呼ぶ脳のつかい方

自分の名前はどんなイメージか気になった人は、ぜひ黒川先生の『名前力~名前の語感を科学する~』を手にとって。自分の名前はもちろん、気になるあの人の名前についても読んでみると、攻略法が見えてくるかも。いつか子どもを産んだときにどんな名前をつけようか、想像が膨らみそうですね。

毎週金曜更新