1. トップ
  2. ヘア
  3. 面長に見えるストレートショートはサイドに動きを入れて小顔に

面長に見えるストレートショートはサイドに動きを入れて小顔に

  • 2014.11.28
  • 995 views

Before

NG??:元々の髪の毛がストレートなのでぺったりと見えてしまっています。レイヤーの位置が低いので、サイドにボリュームが出にくく、やや面長に見えてしまっています。

前髪はリップライン上で、全体的には鼻のライン上でボリュームがでるようにします。サイドに動きをだして、顔周りはカールを入れて小顔効果を引き出すようにします。(スタイリスト|柳澤 剣)

After

CUT:最初に、1番可愛くなるボリュームラインを計算してレングスをカットしています。

トップのモヒカン部分のみリップラインに落ちるようにレイヤーを入れて、重フワ感を出しています。

PERM:毛先をふんわりカールさせるためには、パーマを当て過ぎないのがポイント。自宅でも簡単にセットできるように、ドライしてムースをもみ込むだけでできる柔らかいカールに仕上げました。

STYLING:使用したムースWAXは、パーマのカールを引き立てる効果があります。ツヤ感もプラスしてくれるので、ブローも簡単でおすすめです。

Arrange

ARRANGE:こめかみ付近の髪をねじりながらゴールデンポイントでまとめ、トップの毛をふんわり引っ張るだけの簡単アレンジです。

アレンジでも同様に、ボリュームをリップラインで出すことで、バランスの取れたスタイルになります。

スタイリストからのメッセージ

得意は小顔前髪カットと柔らかく動くボブスタイルです。人それぞれ必ず小顔になるポイントがあります。それと流行をMIXさせるともっと新しい自分に出会えますよ。(柳澤 剣|K-two 心斎橋・QUEEN'S GARDEN by K-two)