1. トップ
  2. レシピ
  3. 朝食を“オートミール”に置き換えるだけ。美味しく痩せ体質に導く“朝ダイエット“の秘訣

朝食を“オートミール”に置き換えるだけ。美味しく痩せ体質に導く“朝ダイエット“の秘訣

  • 2016.11.30
  • 11262 views

忙しい毎日の中で手軽に取り組めるダイエット法と言えば、一食を特定の食品に置き換える“置き換えダイエット”。中でも今海外セレブの間で話題になっているダイエット法が、朝食を”オートミール”に置き換えるだけのダイエット法です。

朝オートミールのみのメニューにして、ランチと夕食は普段通りでOKというダイエット法なので、満足感も得られやすく、食事制限が苦手な方にもオススメ◎ そこで今回はこの「オートミールダイエット」のやり方や効果、ダイエットを成功させるための注意点などについて紹介します。

|オートミールとは?

オートミールはオーツ麦を原料とする加工食品です。白米の20倍の食物繊維、2倍の鉄分、5倍のカルシウムを含んでいるので、脂肪の生成に関わるインシュリンの分泌を抑制したり、血液中のコレステロールの排出を促したりする作用があります。その高い栄養素から健康食品として昔から注目されていましたが、脂肪の溜まりにくい痩せ体質の身体にづくりにも役立つことから、最近改めてその価値が見直されています。

|オートミールダイエットのやり方

オートミールダイエットのやり方は、とっても簡単。ポイントは「1週目」「2週目」「1ヶ月目」ごとにやり方を変えることになります。

■1週目

まずは朝ごはんのみを牛乳やお湯で煮たオートミールに置き換えます。昼食と夜食は530kcal以内に抑え、和食中心の栄養バランスの良い食事を心掛けましょう。

■2週目〜

1週目に入ったら、朝食のオートミールにフルーツを加えて摂ります。イチゴやブルーベリー、キウイなどの栄養価の高いフルーツがおすすめです。昼食と夜食は1週目と同様に530kcal以内に抑えることを徹底しましょう。

■1ヶ月目〜

1ヶ月が経過したら、普段の朝食に戻します。オートミールを食べる必要はありません。朝と昼は自由に食事を摂り、夜を530kcal以内に抑えればOKです。

1ヶ月くらい経過すると、オートミールダイエットの効果で身体がスッキリしてきたのを実感できるはずです。

|オートミールダイエット3つの注意点

■加工食品は避ける

グラノーラやミューズリーなどの加工食品の多くは、砂糖が多く使用されている場合があります。そういった製品は余計なエネルギーを摂取することになるのでオートミールダイエットには不向きです。

■食べ過ぎに注意

オートミールを食べるときは一般的な可食量である30gを目安にしましょう。オートミールのカロリーは100g当たり約380kcalですから、多量の摂取はダイエットの大敵です。

■オートミールにこだわり過ぎない

オートミールを食べるのは“朝食だけ”でOK。昼と夜はバランスの良い食事にこだわり、たんぱく質やビタミンなどの栄養素をしっかり補ってください。

このオートミールダイエットはミランダ・カーをはじめ、海外セレブの多くも実践していると言われています。誰でも簡単に実践できる上に継続することで効果を実感しやすいので、ダイエットでお悩みの方に特にオススメ。理想のボディラインと痩せ体質をぜひ実現してくださいね。