1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 先輩ママに聞いた! 本当に使える育児グッズ【0歳児編】

先輩ママに聞いた! 本当に使える育児グッズ【0歳児編】

  • 2016.11.30
  • 40491 views

初めての子育ては、ママの経験値も少なく、いろんなことに慌てふためいたり失敗したりするもの。

慣れない赤ちゃんとの生活を経験した先輩ママたちが、「これがなかったらどうなっていたことか…」と思うほど重宝したアイテムと、「はりきって買ったのに全然活用できなかった…」と後悔したアイテムを集めてみました!

© Elena Stepanova - Fotolia.com

■まさに“神アイテム”! これがあって救われた育児グッズ

やらなければならないことがあるのに、手が離せなかったり、泣きやまなかったり…。育児は何かと思い通りにいかないもの。そんな時、先輩ママたちが“救いの神”だと感じたアイテムをピックアップしました。

・バウンサー

「ベッドに寝かせると火がついたように泣きさけび、一日中抱っこして過ごす日々。ハイローチェアもありましたが、2ヶ月の赤ちゃんに背もたれを起こして使うのは危険だし、体力も気力も限界になりワラにもすがる思いで購入。適度な傾斜で周りを見渡せるようになったせいか、抱っこをねだる回数が激減! すわらせたまま家事もできるようになり、うれしくて、涙が出ました」(33歳/8ヶ月女の子のママ)

赤ちゃんの重みで心地いい揺れを感じられるバウンサー。ネット上の口コミでは「買ってよかった」「合わなかった」という声が二分する、賛否両論なアイテムですが、追いつめられて買ったことで救われたママもいるようです。

・バスチェア

「脱衣所で待たせておくと泣きさけんだり、ずりばいで移動してしまったり、ろくに自分の体を洗えなかったときに買いました。チェアに座らせて一緒に入ることで、こちらが洗いおわるまでご機嫌に待ってくれるように。以前のように、子どもを寝かしつけた後、もう一度入浴する必要がなくなりました」(33歳/2歳男の子のママ)

赤ちゃんのお風呂で悩むママは多いもの。歩けるようになればバスチェアを嫌がることも考えられるので躊躇するママも多いようですが、リラックスタイムでもあるお風呂を楽にするアイテムに救われたという人もいるようです。

・ベビーカーオーガナイザー

「おもちゃやタオルなど細かい持ち物が多く、毎回カバンから取り出すのは結構な手間でした。少し買い物に行くだけなら、オーガナイザーにお財布と携帯を入れるだけで手ぶらで出掛けられるので重宝します。ベビーカーを持って初めて気づいたことでした。」(28歳/5ヶ月女の子のママ)

■荷物置き場決定…。買ったけど活用できなかった育児グッズ

「意外なアイテムが活躍した!」というママたちがいる一方で、「せっかく買ったのに全然活用できず、荷物置き場と化している」といったアイテムもあるようです。

・A型ベビーカー

「妊娠中に国産のA型ベビーカーを購入。でも、出産が冬だったので、子どもを連れて外を長く出歩くことがなく、抱っこひもだけで過ごしてしまいました。結局、数回使っただけで倉庫のなかに。6万円をドブに捨てた気分です…」(29歳/9ヶ月男の子のママ)

・消臭オムツボックス

「完全にニオイを防ぐこともできないし、一回ずつ消臭ゴミ袋に包むだけというシステムでもったいない。専用カートリッジしか使えないし、もっとほかにお金を使うべきところがあるなと思いました」(30歳/9ヶ月女の子のママ)

期待して買ったものの、わが子には合わなかったというママの声もちらほら。一方、ダメモトで買ったものがおどろくほど長く活躍したというケースもあるようです。

高価なものほど、あまり活用できなかったときの後悔が大きくなってしまうもの。赤ちゃんの体型や性格によっても「合う・合わない」は変わります。

「本当に必要かな?」と少しでも心をよぎったら、しばらく様子を見てから考える、というのがいいのかもしれません。

(マムズラボ)