1. トップ
  2. メイク
  3. 「写真うつりブス」はもう卒業!写真映えする美人度アップメイク

「写真うつりブス」はもう卒業!写真映えする美人度アップメイク

  • 2014.11.26
  • 1200 views

しっかりメイクを決めたはずなのに、写真にうつった自分の顔を見たら、白浮きやテカテカ…。こんな経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。

写真うつりを可愛く見せるには、ちょっとしたテクニックがあります。コツをマスターして、今すぐ「写真うつりブス」を卒業しましょう。

■写真映えするメイクのポイント

写真にうつった自分の顔を見て、一番ショックなのが、顔だけが不自然に白く浮いてしまったとき。白浮きの原因は、顔と首の色が違うことにあります。ファンデーションの厚塗りは避け、フラッシュによるギラつきをおさえるために、パールを使ったツヤ肌メイクも控え目に。

パッチリした目元を演出するために、アイメイクはメリハリを重視します。アイラインは黒でしっかりめに入れ、ビューラーとマスカラでまつ毛を上下に開かせて。

リップはグロスだけだとギラギラしすぎてしまうことがあります。太めのリップライナーを使って自然な輪郭を描いておきましょう。への字口のコワイ顔にうつらないように、口角を上げておくのがポイントです。

写真では実際より顔がのっぺりとして見えがちなので、チークは必須です。いつもより少し濃いめに入れると、血色よく小顔に見せてくれる効果がありますよ。

■キレイに写真にうつるシチュエーションは?

屋内などでフラッシュを使うと、どうしても顔がテカったりのっぺりした印象になったりしてしまいます。写真を撮るのが日中なら、なるべく自然光で撮るのがおすすめです。

また、白い服を着ていると、レフ板のように光を反射させ、顔色を全体的にソフトに見せる効果があるようです。座った姿勢なら、膝の上に白いハンカチをのせるだけでも写真うつりがだいぶ違ってくるようですよ。

集合写真で体型や顔の大きさが気になるときは、他の人よりこっそり半歩下がって、遠近法で小顔に見せてしまいましょう。そのとき体を少し斜めにすると、さらにスリム&小顔に見せることができますよ。

■可愛く撮れる自撮りのコツ

SNSなどへアップするため、スマホのカメラなどでの“自撮り”の機会も多くなっています。自撮りのときもなるべくフラッシュは使わず、できるだけ自然光で。室内でも、自然光が入る窓際や、白い壁のそばで撮るのがおすすめです。

また、自撮りをするときには、絶対に顔の下から撮ってはダメ。顔を見上げるように写真を撮ると、二重あごや肌荒れが必要以上に強調されてしまいます。顔の位置より少し斜め上にカメラを構え、顎は引いたまま目だけで見上げる感じにすると、小顔&デカ目に見せることができますよ。

より小顔に見せるには、頬杖をついたり、顔の近くでピースサインをしたりするのも効果的です。

思い出として長く残り、他人の目に触れることも多い写真。「実際は美人なのに写真うつりは悪い」なんて言われないように、コツをおさえてキレイな自分を写真に残したいですね。

(加藤 朋実)