1. トップ
  2. グルメ
  3. どこよりも可愛いラデュレを目指し、ジュネーヴへ 。

どこよりも可愛いラデュレを目指し、ジュネーヴへ 。

  • 2016.11.21
  • 2128 views

世界進出が続くラデュレ。最新はスイスのジュネーヴにオープンしたラデュレ・ケ・デ・ベルグだ。場所は1834年に創業され、レマン湖を眺望できるHotel des Bergues(オテル・デ・ベルグ)に隣接する建物の1階である。

内装を手がけたのはパリを舞台に国際的に活躍する室内装飾家のインディア・マーダヴィで、“ラデュレはスイーツの庭”という発想から、食いしん坊カラーと芝のグリーンで空間はまとめられている。お菓子のカウンターにはカヌレのような凹凸をデザインし、レストランの天井のランプは白いメレンゲ……。

ブティック内に、カウンター席があるというのが新しい。レストランではランチ、ディナーの時間を外しても、クラブサンドイッチやオムレツ・ラデュレ、ラデュレ名物ヴォロヴォンなどが12時から22時までの間いつでもオーダーできる。

サロン・モンローズ。椅子のオールドローズ、壁のグリーンの美味しいカラーハーモニーが床の市松模様に映える。

全体で280平米という広さの店内は、ブティック、サロン・モンローズ、サロン・エトワールに分かれ、すべての場所を体感したくなるほどそれぞれインテリアがとにかくチャーミングだ。

サロン・モンローズの奥、カーテンに隠されたサロン・エトワールは貸切用のスペースだが、ティータイムには一般客にも開放されている。

ジュネーヴ店オープンを記念する、インディアによるリラとグリーンのグラフィカルなマカロン・ボックスは、モチーフだけでなくフォルムも新しい。平らにおいたマカロン6個がサークルを描き、その中央に1個を置いた合計7個入りの丸いボックスである。期間限定の上、入手できるのはこのお店のみ。これはちょっと悲しい“事件”では !?

インディア・マーダヴィによる7個入りマカロン・ボックス は26CHF(スイスフラン)。

Ladurée Quai des Bergues

rue du Mont-Blanc 1,

1201 Genève

営)8:00~22:00(日~水)、8:00~23:30(木~土)

元記事を読む