1. トップ
  2. 恋愛
  3. 多部未華子&高橋一生がラブコメSPドラマで共演!

多部未華子&高橋一生がラブコメSPドラマで共演!

  • 2016.11.21
  • 1706 views
undefined

出典:http://news.walkerplus.com

多部未華子と高橋一生のラブコメディードラマ「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」(夜9:00-10:48フジテレビ系)が、12月20日(火)に放送されることが分かった。

多部の1年半ぶりのドラマ主演作となる本作は、現実の恋には期待していない女性と、女心を全く理解できない残念な男が出会う、オリジナルラブストーリー。

恋愛シミュレーションゲームプランナーの白野莉子(多部)は、「現実の男がふがいないから、こっちが自家栽培しているんだろうが!」と理想と妄想を恋愛シナリオに落とし込むのが仕事。

そんな中、莉子は、黒川壮一郎(高橋)が社長を務めるアプリ会社から新しい恋愛ゲームを依頼される。黒川はルックス、キャリア、全てにおいてハイスペックながら、女心が致命的に理解できない“残念男子”だった。

企画会議の段階からしばしば衝突する2人だが、部下に片思いする黒川はある日、莉子に「恋愛のレクチャーをしてくれ」と恋愛指南を頼む。勢いで引き受けた莉子は、恋愛ゲームそっくりのキャラクターになるよう、黒川に指示を出す。

莉子の恋愛指南が効き、黒川は意中の部下と急接近することに成功する。しかし、莉子はいつしか黒川に引かれている自分に気付く…という物語だ。

多部は、脚本を読んだ感想を「気の合わない男女がお互いの言い分を言い合いながら、それでもどんどん引かれていく、王道のラブコメだなと思いました。こういうラブストーリーは私も好きです!」とコメント。

莉子を演じるに当たり、「高橋一生さんが演じる黒川に対しても、初めはズケズケ言っていたのに途中で『あれ? 好きかも?』となります。そんな何とも思っていなかった異性を恋愛対象として見るようになる気持ちの変わり目を、うまく表現できたらなと思います」と意気込む。

また、王道のラブストーリー作品は初めてだという共演の高橋は「黒川とは似ているんじゃないですかね。鈍感なところとか、デリカシーがないところとか(笑)。

男女問わず結構失礼なこと言っちゃったりして、後で『こういう意味にも捉えられるのか』みたいなことに気付いたりするんです。だから、黒川の気持ちは分からなくもないです。僕も“残念系男子”にカテゴライズされると思います(笑)」と語る。

さらに放送がクリスマス直前であることから、クリスマスに対する印象を2人に聞くと「クリスマスは1年で1番好きな日です。サンタクロースは小学5年生まで信じていました。

サンタクロースに欲しい物の手紙を書いたら、私のお気に入りの便箋に思いっ切り父親の字で『売り切れだったからお父さんに買ってもらって』と現実的なお返事が…(笑)」と多部。

高橋は「クリスマスの終わる直前が好きなんです。盛り上がった後の静けさみたいな。サンタは小学校4年生くらいまで信じていました。母親が(サンタは)職業で免許制なんでいっぱいいると言っていて(笑)」と、それぞれエピソードを明かす。

最後に、多部は「恋愛したい気持ちのある人も、忘れてしまっている人も、キュンキュンできる王道の恋愛ストーリーです。主人公に共感しながら、でも、コメディーなので、楽しく笑いながら見てください!」とアピール。

多部&高橋の実力派コンビが見せる、巧みな会話劇も見どころの1つとなりそうだ。