1. トップ
  2. グルメ
  3. ボジョレーヌーヴォー本日解禁♡どうして解禁日が決まってるのか知ってますか?

ボジョレーヌーヴォー本日解禁♡どうして解禁日が決まってるのか知ってますか?

  • 2016.11.17
  • 268 views

今年も11月の第3木曜日……そう、本日解禁となったワイン『ボージョレ・ヌーヴォー』! 巷では「ボージョレ」やら「ボジョレー」なんて呼ばれて親しまれていますが、一体どんなワインなのか、知っていますか?

今日が解禁日ということで、Woman Insight編集部が『ボージョレ・ヌーヴォー』について、恵比寿ガーデンプレイス内にあるワインショップ「WINE MARKET PARTY」の店長でありソムリエ資格を持つ沼田英之さんにお話を伺いました。

Q.そもそも「ボージョレ・ヌーヴォー」ってどんなワインのこと?

A.フランス・ブルゴーニュ地方にあるボージョレ地区で育ったぶどうの出来を知るためのワインです。

「フランスのブルゴーニュ地方に、ボージョレ地区という場所があります。そこではガメイ種というぶどうが栽培されているのですが、そのぶどうの収穫を祝うためにつくられる新酒です。もし新種の出来が良ければ、そのぶどうを使ってつくられたワインの5年後、10年後が楽しみになる。だからぶどうの出来をいちばんに祝うお祭りでもあるんです。ちなみに『ヌーボー(Nouveau)』というのは英語で言えば “new”、つまり『新しい』という意味。だから『ボージョレ・ヌーボー』ということです」(沼田さん)

 

Q.毎年必ず、すべて同時に11月の第3木曜日に解禁されるのはなぜですか?

A.出荷の早さを競い合って事故が起きるのを避けるためです。

「昔は『ボージョレ・ヌーボー』ができた農家から順に、イギリスへ車で売りに行っていたんです(現在は空輸です)。やはりいちばんに売り始めた人が儲かり、次も儲かり、3番手、4番手くらいになってくるとあまり売れなくなってきました。そんなことが続くうち、どれだけ早く売りに行けるかを競い合うようになったわけです。すると皆が急ぎすぎるせいで事故が多発するようになり、それを避けるために皆同時に解禁とすることになったのです。大体ぶどうが9月ごろに収穫され、1~2か月でワインになるため、11月この時期と決められました」(沼田さん)

 

Q.『ボージョレ・ヌーボー』をよりおいしく飲むにはどうしたらいいですか?

A.年末年始ごろに飲むのをオススメします。

「個人的な経験から考えると、あまり早く飲むと空輸で届いたばかりのため、まだワインに荒々しさを感じると思うのです。年末年始あたりまで置くと、味に丸みが出てきます。ワイン初心者の方がおいしく飲めるのはもちろんのこと、私たちプロでもさまざまな味わいを感じながら楽しめる状態になると感じています」(沼田さん)

 

ちなみに、今年のボジョレーのキャッチコピーは「感動か、歓喜か」。普段ワインをなかなか飲まないという方でも、やっぱり『ボージョレ・ヌーボー』は気になってしまいますよね! ぜひこの機会に味わってみてはいかがですか。(松本美保)

元記事を読む