1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. スマホが反応しなくなる!?手荒れ知らずの2STEPハンドケア

スマホが反応しなくなる!?手荒れ知らずの2STEPハンドケア

  • 2016.11.11
  • 2651 views

手の乾燥が出始めるこの季節。手荒れがひどくなるとハンドソープでさえもピリピリとしみてしまったり、ちょっと手を開いただけでも肌が切れてしまったりしますよね。また、手が荒れると見た目が悪いだけでなく、スマホをタッチした時の反応が悪くなったり、静電気が発生したりとデメリットだらけ!

そこで今回は、そんな手荒れを初期段階で防ぐセルフケアをご紹介いたします。これからの季節にぜひお役立てくださいね。

■<STEP1>手にも化粧水を!

「手が乾燥している…」と思ったら、普通はいきなりハンドクリームを塗っているかと思いますが、手も顔と同様で水分が不足している肌はクリームを塗ってもなかなか浸透していきません。

ハンドクリームの効果を高めるためにも、普段使っている顔用の化粧水を精製水などのキレイな水で倍に薄め、手にもつけてケアもしましょう。100円ショップなどの小さなスプレーに入れて、手の乾燥が感じた時にシュシュっとつけると◎。

■<STEP2>ハンドクリームはたっぷりと!

化粧水がしっかりと浸透したらハンドクリームを多めにつけます。つけ忘れてしまいがちな甘皮、指と指の股の部分、指の先端などは意外と乾燥しているのでしっかりとつけましょう。

時間がある時はマッサージを兼ねてしっかり塗りこめば、より浸透力が高まります。

■<応用ケア>洗い物をする時はゴム手袋をダブル使いする

冬は暖かいお湯を使って素手で洗い物をしてしまいがちですが、お湯は肌の乾燥を早めてしまいます。

洗い物をする時は今まで紹介したSTEP1・2までを行い薄手のゴム手袋を装着し、その上に洗い物用の厚手のゴム手袋をして、いつもよりも熱めのお湯で洗い物をしましょう。ハンドパックのような高い保湿効果が得られます。

家事をしながら保湿することができるオススメのケア方法です。

手は1日の中でよく使い、よく洗うのでハンドケアは根気のいる作業になってきますが、ケアをしているのとしていないのでは後に大きく差が出てきます。

また、顔と同じくらい手も見られています。どんなに可愛いネイルをしても指輪をしても、手がガサガサではおしゃれも楽しめません。上記の2STEPと応用ケアを毎日行えば、ハンドケアの効果がぐんとアップしますので、ぜひ試してみてくださいね。

(フリーヘアメイクアップアーティスト・中花 絵里香)

元記事を読む