1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『ひるね姫』新キャストに釘宮理恵 「一つ一つのアクションが大変可愛らしい」

『ひるね姫』新キャストに釘宮理恵 「一つ一つのアクションが大変可愛らしい」

  • 2016.11.11
  • 690 views

高畑充希が主演声優を務めるアニメーション映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』に、声優の釘宮理恵が参加することが発表された。

本作は、神山監督完全オリジナル書き下ろしのファンタジー。岡山県倉敷市児島の穏やかな町を舞台に、所かまわず昼寝をしては怒られる女子高生の森川ココネが、いつも同じ夢を見ていることに気づき、知られざる家族の絆に触れる模様を描く。アニメーション映画への参加は自身初となる高畑充希が、岡山弁の主人公ココネの声優を務め、『ベイマックス』のコヤマシゲトが、ロボットに変形するサイドカー“ハーツ”のデザイン原案を担当している。

高畑充希、満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介らキャストが発表された本作に、このたび新たなキャストとして、声優・釘宮理恵の参加が決定。高畑充希演じる女子高生・森川ココネの相棒で犬のぬいぐるみ・ジョイを演じる。

柴犬をモチーフにデザインされたジョイは、ポスターではココネの胸に抱かれるぬいぐるみだが、特報映像では意思を持って動いているカットも捉えられている。

■釘宮理恵(ジョイ役)コメント

●初の神山健治監督作品の参加かと思いますが、オファーを受けての感想を教えてください
「とても嬉しかったです。どんな作品になるのか、わくわくしました。」

●釘宮さんが思う、ジョイの魅力を教えてください
「一つ一つのアクションが大変可愛らしいのに、ハートはしっかり男の子っぽくナイト然としていて、そのギャップにキュンとします」

●これから映画を観る方へ、メッセージをお願いします
「作品を楽しんで観ていただければ何より嬉しいです。 どうぞよろしくお願いします」

(リアルサウンド編集部)