注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. ファッション
  3. 匂いを“ほんわり“つけたい!「ふわっ」と香る、おすすめの香水のつけ方

匂いを“ほんわり“つけたい!「ふわっ」と香る、おすすめの香水のつけ方

  • 2016.11.11
  • 19843 views

自分の体に匂いは付けたいけれども、「香水をがっつりつけるのには抵抗がある…」という方も多いはず。そういう方は香水のつけ方を少し変えてみることで、きつすぎず優しい香り方にする方法があるのです。今回は、香水をほんわりつけることができるおすすめの香水をご紹介します。

香水の付け方①外出する30分前に付ける

undefined

出典:

weheartitより

多いのが、人に会う直前に香水を付けること。こうすることで、せっかく付けた香水も相手に「臭い!」と思わせてしまうのです。1番ベストなのは、外出する30分前に付けることです。香水は、つけた瞬間は香りが強く、30分以降からその香水の本来の香りが出てくると言われているのです。

weheartitより

香水の付け方②足もとに香水を付ける

undefined

出典:

weheartitより

耳の後ろや手首に、香水を付けるという方も多いのではないでしょうか。これらの部分は香りすぎてしまうこともあるのをご存知でしょうか?理想の付ける場所は、足もとなどの“下半身”。下半身に付けることで、香りが上半身に上がってき、香りが匂うので、軽く優しい香り方になるのでおすすめです。この付け方なら、相手に嫌な気分を与えないでしょう。足もと以外にもおすすめの付ける場所をご紹介しておきますね。

weheartitより

ウエスト

服を着る前にウエストに付けます。そうすると、服の僅かな隙間から香ってちょうどいい香りになりますよ。

足首の内側

足もとと少し似ていますが、足首の内側もおすすめです。足首の内側はあまり汗をかかない場所なので、香水の香りと汗の匂いが交わる心配もありません。

バストの谷間

バストの谷間で香水を長続きさせる方法があります。それは、香水をコットンなどに含ませたものをブラに入れるだけです。このとき、注意することは、香水をバストの上(デコルテ、首)に付けてしまうと香りが強くなってしまうので注意しましょう!

香水の付け方③パウダーを合わせる

undefined

出典:

weheartitより

最後にご紹介する方法は、香水をパウダーを混ぜ合わせることです。パウダーは、化粧に使用するパウダーでOK。こうすることで、香水の香りを弱めることができたり、肌をさらさらにしてくれるのでおすすめです。

undefined

いかがでしたか?香水は付けたいけれども、「匂いがきつすぎるのは嫌だ…」という方はぜひ、今回ご紹介した方法を取り入れてみてくださいね。