1. トップ
  2. 恋愛
  3. 原因はズバリ!? ベッドの中で「夫に手を抜かれる妻たち」の特徴&解消法

原因はズバリ!? ベッドの中で「夫に手を抜かれる妻たち」の特徴&解消法

  • 2016.11.10
  • 1697 views

「夫婦間のセックスはあるんですが、年々、前戯の時間が短くなってしまって。なかなか夫には言えないですけど、“手抜き”されているようで本当は不満なんです……」そんな悩みを持つ妻たちは、実は多いんです。

夫にしてみれば、「仕事で疲れてるんだし、夫婦なんだからそれぐらい許してくれよ~」と言いたいところなのかもしれません。でも一方で、“夫が萎える原因”が妻にあるのにもかかわらず、妻自身がそれに気付いていないケースもあるようです。

そこで今回は、セラピーを通じて、多くの女性の悩みを解決してきた“女のしあわせ研究家”の筆者が、実は妻が原因で、夫のセックスが手抜きになる“よくある理由”についてご紹介します。

 

■1:妻がセックス中の“演技”をしなくなった

恋人時代、カレに愛されたくて“オーバー気味な演技”をしていた女性の中には、結婚するとそこまでしなくなる人もいます。それを「妻が最近、昔と違って愛撫が気持ちよさそうじゃない……」と勘違いし、自信を失う夫もいるようです。

夫に「あれは演技だったの……」などとは、さすがに言えないですが、結婚したからといって、今までしていたことをしなくなってしまっては、夫を誤解させてしまうでしょう。

 

■2:妻がいつも“疲れた顔”をしている

「そうですね、結婚前より手抜きになったかもです。妻が機嫌悪かったり疲れた顔をしていることが多いので、“早く済ませてよ”と言われているような気がして……」(38歳男性 飲食店オーナー)

世の中には「不機嫌だったり、疲弊していたりする女性を抱くと、なんとなく気力を吸い取られるような気がする」という男性もいます。妻がもっと笑顔を心がけていれば、夫もきっとやる気になるはず。抱き合うことで癒されるような女性を、男性は「長時間抱いていたい」と思うものです。

 

■3:妻がベッドの中でも“子供の話”をする

「仕方がないことはわかってるんですが、妻が四六時中子供の話をするんです。最近はベッドの中でもするので、さすがにオンナを感じなくなってきまして……」(30 歳 ゼネコン勤務)

子供がいても、夫は妻にオンナを感じるからこそ、セックスで手厚い奉仕をしたくなります。日本人女性は、“母親とオンナの切り替えが下手”と言われますが、アナタはどうでしょうか。夫とまだまだセックスを楽しみたい人は、ベッドの中ではあえてオンナになるよう、キモチを切り替えた方がよいでしょう。

 

■4:妻が“体型”や“香り”に無頓着になった

年齢に伴う体型の変化は、ある程度仕方がないことですが、多くの男性が激萎えするのはオンナとしての“意識の問題”。「結婚したんだから、もうがんばる必要がない」とばかりに、妻が体型に無頓着になり過ぎてしまっては、夫も「奉仕したい」と思えなくなってしまうのです。

また、「結婚前は、妻から“甘い香り”がしたのに……」という男性の声も。女性のイイ香りはセックスアピールに重要です。ヘアコロンやボディクリームなど、香りを見直すだけで喜ぶ夫もいますよ。

 

いかがでしたか? 男性は「妻のここがオンナとしてよかったのに」というものが無くなると、自分も手抜きをしてしまう傾向があるようです。「もう夫婦なんだし、そんなに頑張らなくても……」とお互いの手抜きを受け入れるのもアリですが、セックスライフを充実させたい人は、見直してみてはいかがでしょうか。

【筆者略歴】

※ 珠艶 ・・・ 女のしあわせ研究家・ヒーラー・美容整体師。女性の幸せをトータルケアするヒーリングサロン『レボルシオン』のカリスマセラピスト。仙台・東京にて活動。著書『ラブ・セラピー』他。

【画像】

※ ProStockStudio / Shutterstock