1. トップ
  2. スキンケア
  3. 寒い冬も”いいこと”がいっぱい!冬が「好きになる」9つの良いこと

寒い冬も”いいこと”がいっぱい!冬が「好きになる」9つの良いこと

  • 2016.11.10
  • 5155 views

肌寒くなってくると、外に出ることに勇気がいりますよね?
寒さは体に突き刺さるような感覚を与え、乾燥した空気は肌をかさかさにさせます。でも寒さは良いことをもあるのです。今回は寒い季節のポジティブなお話です。

1.カロリーを消費させる

暑い夏の方がカロリーを消費しやすいと思っている人も多いですが、実は冬って、外気が冷えても体温を一定に保つためにカロリーをたくさん燃やすのです。

2.体の循環が良くなる

寒い風が体に当たるとびっくりしますよね?でもこれには意外な効果があるのです。寒い日は体の排水効果が上がり、セルライトが改善しやすくなります。また、オレンジピールのようになった皮膚や古くなった肌に直接効くのです。

3.痛みや炎症を取り除く

「寒さセラピー」とも言える効果です。暖かい季節に氷で冷やすのと同じ効果を寒い気候はもたらします。痛みを取り除き、健康もたらしてくれるのです。

4.仲良しになるチャンス

2012年に行った研究では、暑い日より寒い日の方が、家族や大切な人に愛着を感じ、長い時間過ごしたくなることがわかりました。確かに冬は、パートナーと毛布に包まって一緒に映画を見たくなるなど、夏よりも近くにいたくなりますよね?それには根拠があったのです。

5.空気がきれいになる

バクテリアや寄生虫は寒い季節には減ります。これは、彼らが寒さに弱いからです。だから冬は空気がきれいになります。6.蚊がいない

女性にとって蚊は大敵です。刺されてかいてしまうとせっかく手入れしている足に傷がついたり、かさぶたができでしまったりします。外見の問題だけではなく、蚊は熱などの病気を感染させることもあります。

7.水着の心配がない

夏は体のラインを気にしたり、水着を着ることがあれば心配事が増えます。
その点で冬は、服装が厚着になるのでちょっぴり安心できてしまいます。

8.落ち着いて物事を考えられる

木の葉が落ちて新しく生まれ変わる準備をするように、私たちも冬の間にやっかいな物事を払い落とし、新しく再出発させる時間を持つことができます。

9.寒い季節があるから春が嬉しい

Psychlogy Today研究所によると「寒い冬が終わり暖かい春の訪れを感じると幸せになり、自然と同じように体が生まれ変わる。」 と言います。

寒いといろいろと面倒になり、気分も沈みがちになってしまいますが、ポジティブな面も多くあります。

次の季節を良い状態で迎えるためにも