注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. スキンケア
  3. メイクをしてもお肌はカサカサ……! 乾燥を回避するスポンジの使い方講座!

メイクをしてもお肌はカサカサ……! 乾燥を回避するスポンジの使い方講座!

  • 2016.11.10
  • 9904 views

この季節、女子の悩みのタネといえば「お肌の乾燥」ですよね……。

どれだけキレイにメイクをしても、時間がたてば崩れてぐちゃぐちゃになっちゃうし、だからといって薄目のメイクではカバー力の問題がでてきてしまう。季節の変わり目のお肌状態をキープするのは至難の業です。

今回は、保湿力をキープしたまま化粧崩れしないスポンジを使ったメイク方法をお伝えします。

季節の変わり目メイク、必要なのは水分と油分のバランス

皆さんにも、メイクしたてはしっとりキレイにファンデがのった! ……と思ったのに、時間とともに乾燥してきてメイクが崩れてしまった……という経験があると思います。その大きな要因は、油分と水分のバランスにあります。

寒い時期になってきたからといって、保湿力たっぷりのクリームや乳液をたっぷり塗ってメイクをはじめても、結果ヨレてしまいぐちゃぐちゃになってしまうのがオチです。夜に保湿力の高いクリームをたっぷり塗って寝るのは、翌朝のお肌には効果的。でも朝に同じことをしてしまうと、メイクが崩れやすくなるのは目に見えていますよね。だからといって少なめにしてしまうと、乾燥してきてしまい反対にメイクが浮いてきてしまう……。

朝のスキンケアで気をつけるべきポイントは、お肌を温めながら入念に化粧水を浸透させること! この工程がメイクノリの一番の決め手と言われています。乳液やクリームはその浸透した水分に蓋をする役目です。ですので、水分がきちんとお肌に入っていれば、油分が出てきてメイクが崩れてしまうという危険は回避できるのです。

乾燥知らずのメイク方法に必要なのはスポンジ使い!!

そして、その次におすすめの脱乾燥肌メイクをする方法はというと――この時期の必須アイテム、リキッドファンデ・BBクリーム・CCクリームです。使用感のべたつきが気になる場合は、湿らしたスポンジで伸ばしていくとお肌に密着させることができ効果的です。

水で湿らせているぶん、厚塗りになりにくく、しかも薄付きなのにマットに仕上がります。

滑らせてファンデをのせていくというよりも、ポンポンとおさえ込んでいくことが大切です。

この工程を面倒くさがらずに、ていねいにお肌の調子をみながらすることで、時間がたっても乾燥知らずのしっとり肌を作ることができるのです。まず見直す部分は、スキンケア商品やメイク用品ではなく使い方。見直すことでムダな出費を減らし肌トラブルも回避できるのです。