注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. レシピ
  3. 学校給食の新常識! 苦手なものは○○○○で残さず食べる!?【パパママの本音調査】

学校給食の新常識! 苦手なものは○○○○で残さず食べる!?【パパママの本音調査】

  • 2016.11.10
  • 1513 views

© cube197 - Fotolia.com

自分の子どもが学校の給食を残さず食べられているか知っていますか?今回調査したところ約80%の人がほとんど残さずに食べられているようでした。昔は嫌いなものでもとにかく全部食べるがルールでしたが、今は少し減らして食べられる分だけ食べるルールが新常識になっているようです。

Q.給食、残さず食べられてる?

1.毎回残さない 44.4%

2.残さないことが多い 33.9%

3.残すことが多い 14.0%

4.毎回残す 3.9%

5.わからない・どちらとも言えない 3.7%

44.4%と約半数が毎回残していないと回答。残さないことが多いという人を合わせると78.3%にまでなりました。なるべく食べるようにしようというルールや、クラスみんなで食べると食べられるなどの給食ならではの力もあるようです。

■今どきの学校は苦手なものは事前申告がルール

エコの考えからか、今どきの学校では嫌いなものは事前に伝えて少なめに盛ってもらうというのがルールだそうです。一口は必ず食べること、少なめにした人はおかわりできないなどの違いはあれど、食べられる分量を自分で伝えるというのはいいですね。

「自分の食べられる量に調節しても良いという先生になり、減らして食べきれるようになりました。減らしても食べきれると自信になるようです」(神奈川県 30代女性)

「娘の学校では子ども自身が食べられるか食べられないかを伝えるそうです。食べられない子どもには少なめにするみたいですね」(福島県 30代女性)

「クラスみんなで完食を目指しているので、残さず食べるようになりました。苦手なものや嫌いなものは最初から減らしていいけど、減らした子は他のものもおかわりできないことになっているので、おかわりしたければ全部食べなきゃいけないそうです」(千葉県 40代女性)

「苦手なものは配膳時に『少なくしてください』と自己申告し一口は食べること。そして残していない子からおかわりというのが学校のルールでした」(神奈川県 40代女性)

■給食のおかげで苦手なものを克服

家だと食べたくないものでも、学校だと食べられるというマジックも健在。みんなで食べる楽しさもあるのかもしれませんね。給食のおかげで苦手なものを克服した子までいるようです。

「家では食べないものも給食では頑張ってます」(広島県 30代女性)

「苦手な野菜を給食では食べているみたいです。なぜだー」(神奈川県 40代女性)

「嫌いなものもなるべく一口食べるようにしているみたいです。嫌いだと思っていたら意外とおいしいってなるときもあるみたいです」(茨城県 40代女性)

「なるべく残さないのがルールらしいです。そのおかげで、牛乳嫌いの娘は牛乳が飲めるようになりました」(三重県 30代女性)

■男の子あるある!恥ずかしながらうちの子はおかわり常連です

離乳食のときからなんでもよく食べる子っていますよね。食が細いって何のこと?と思うくらいよく食べる子は、学校でも残さないどころかおかわりが当たり前みたいです。

「息子3人とも残すどころかおかわりするタイプです。家でもおかずの数と量を見比べています」(静岡県 40代女性)

「我が家の息子は残さずきれいに食べているようです。給食を楽しみに学校へ言っているような……。食べないときは体調が悪いとき。とてもわかりやすい息子です」(三重県 40代女性)

Q.給食、残さず食べられてる?
アンケート回答数:10748件
ウーマンエキサイト×まちcomi調べ

(サトウヨシコ)