注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. ネイル
  3. 結婚式の次の日も大丈夫!普段使いOKなウェディングネイル選びのコツ

結婚式の次の日も大丈夫!普段使いOKなウェディングネイル選びのコツ

  • 2016.11.9
  • 13327 views

「オフをせずに次の日は仕事に行きたい」「そのままハネムーンに行けるようにしたい」最近は忙しい女性が増えているため、結婚式の次の日は仕事や家事をしたりする方も多いでしょう。ウェディングネイルというと、派手なデザインばかり思い浮かぶかもしれませんが、意外とシンプルデザインも多く選ばれています。ウェディングネイルのデザイン選び次第では、結婚式後でもしばらくそのままにして、特別なネイルを長く楽しむことができます。

普段使いもできるウェディングネイル

【イットネイル】本来なら結婚式が終わった後は不要になるため、オフすることが多いウェディングネイル。

しかし賢いネイル好きさんは、結婚式が終わったあとのことも考えてデザインを選んでいます。

場合によってはそのまま次の日の仕事に行ったり、ハネムーンに行ったりすることも可能に。

どんなウェディングネイルでも、次の日以降も使えるわけではありません。

しばらく使えるようにするコツ

以下のような点に注意して選びましょう。

●シンプル・ナチュラルにする

しばらく使えるウェディングネイルにするには、デザイン選びがかなり重要となります。

結婚式でしか使えないような派手なデザインでは、次の日以降に使い続けるのは難しいかと思います。

たとえば淡いカラーのワンカラーネイルやグラデーション・フレンチなど、やさしいカラーを使ったシンプルなデザインがおすすめです。

●ジェルネイルを活用

マニキュアが1日〜2日くらいしか持たないことを考えると、結婚式が終わった後は基本的にその日のうちにオフすることになります。

これに対して、さまざまなネイルの中でも、ジェルネイルは持ちがいいことでも評判です。

きれいに仕上げてこまめなケアをすれば、3週間は持たせることも可能です。

普段はマニキュアしかしないという方でも、結婚式ではジェルネイルを選ぶことをおすすめします。

●パーツを乗せすぎない

せっかくの結婚式だからストーンや3Dパーツなどのネイルパーツを、たくさん使いたいという方は多いでしょう。

しかしたくさんのパーツが爪に乗っていてゴテゴテしていると、次の日以降は

パーツを使う場合は小さめのパーツを少なめに・取れないように配置すれば、次の日以降もそのまま使うことができます。

●長すぎないようにする

スカルプチュアやジェルネイルであれば長さだしも可能ですが、しばらくオフをしないのであれば長すぎる爪は、仕事や生活に不便です。

また長さだしをしない場合も、長すぎる爪は避けたほうが、次の日以降も家事などで困らないでしょう。

ネイルチップにする方法も

どうしてもウェディングネイルと普段のネイルを別々にしたいor当日のうちにオフしてしまいたいと言う場合は、ネイルチップを使う方法もあります。

ネイルチップであれば結婚式が終わったあとに外したり、別のチップに付け替えることも簡単にできます。

●終了後に保管も可能

通常、ネイルチップは終わった後はオフして、場合によっては捨ててしまうことになります。

しかしネイルチップは上手くオフをすれば、結婚式の記念として取っておくのはもちろん、別の機会に再び装着して使うことも可能です。

これを可能にするには、チップの装着方法が大きく影響します。

特にネイルグルーを使って装着した場合は、接着力が強力な半面、オフしてしまうと再びチップを装着することが無理になるので注意が必要です。

不安な場合は、チップを作ってもらったお店や、ネイリストに相談してみましょう。

ウェディングネイルを長く楽しむにはさまざまな注意点もあります。

特にデザイン選びに注意して、一生の思い出作りに役立ててください。

Itnail編集部