1. トップ
  2. ネイル
  3. ネイリストさん伝授! ネイルをキレイに長持ちさせるプチテクニック3つ

ネイリストさん伝授! ネイルをキレイに長持ちさせるプチテクニック3つ

  • 2016.11.9
  • 17934 views

今日の主役はネイルです。最近ではサロンで施術されるのではなくセルフネイルで楽しむ方も多くいらっしゃいます。手先が華やかになるだけで、テンションがあがりますし、幸せな気持ちになれますよね。ちょっとした工夫でより長持ちさせる方法をネイリストさんに聞いてまいりました!

トップコートを塗る

ジェルネイルでクリアジェルを塗って完成したその上からトップコートを塗るとよいそうです。「クリアジェルでも十分なのですが、よりモチをよくしたい方にはオススメ」とのことでした。2週間に1度程度のペースで塗ることで、ネイルのウキと黄ばみを防げるのだそう。ちょっとした汚れもトップコート越しだと少し安心できそうですね。

ちなみに、2週間経ったら、トップコートもハゲてくるので、リムーバーを含んだコットンでサッと拭きとって塗りなおしてください。ここで注意なのが、コットンをネイル部分に長くつけすぎないこと。リムーバーはアセトンを含んでいるのでジェルまではげてしまうそうです。サッとひと拭きがミソですよ!

ネイルオイルを塗る

長持ちをするためにかかせない王道アイテムですね。爪と爪まわりの甘皮の乾燥を防ぎ、ウキを防いでくれます。

面倒くさがりの筆者も試してみたのですが、ちゃんと1か月もってくれました(水仕事をしているとどうしても3週間たつとちらほらハゲてくるのですよね……)。具体的には、1日に1回オイルを塗っただけですが、効果はばっちりでしたよ。

ただ、どうしても忘れてしまいがちになるので、朝1回、仕事の始業前にひと塗りとか、夜寝る前にひと塗りというようにルールを決めておくと習慣づけることができますよ。

白系のネイルをしたときは、タバコの吸いすぎに気をつける

ネイリストさんいわく、「喫煙される方、飲みの席でお仕事についていらっしゃる方や、パチンコの店員さんには白のフレンチネイルはおすすめしません」とのこと。なんと、その理由はタバコのニコチンによる黄ばみ、だそうです。ネイルにも影響するなんて、驚きです! タバコを吸われる方で白いネイルをされた方は、その間はすこしだけタバコを控えるとよいようです。

台所仕事、風呂・トイレ掃除には手袋をする

家事で使う洗剤には、人間の肌に有害なものもあります。床掃除やお風呂掃除のときには、ついつい素手でお掃除してしまいがちですが(ずぼらな筆者だけかもしれません……)、ネイルの長持ちを考えるのであればゴム手袋をつけてやったほうがよいようです。

ゴム手袋がないのであれば、コンビニでもらったビニール袋を使うのがオススメ。ビニール袋の中に手を入れて、ビニール袋をかぶせた状態で、お掃除をします。ようは、直接洗剤に触れない努力をすればいいだけです。

いかがでしたでしょうか?

毎月の自分へのご褒美としてお金と時間をかけてネイルを変えたのですから、1か月は持ってもらいたいものですよね。もちがいいことに越したことはないです。筆者も、手先美人キープを目指して実践してみようと思います!

元記事を読む