注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. 恋愛
  3. そんな風に思ってたの!?「既読スルー」する男性の心理3つ

そんな風に思ってたの!?「既読スルー」する男性の心理3つ

  • 2016.11.7
  • 5375 views

今や生活に欠かせないSNSとなった「LINE」。気になる男性や彼とのやりとりで使用している人も多いでしょう。たしかに便利で使いやすいのですが、しばしば「既読スルー」に悩まされるという人も多いのではないでしょうか。

やり取りが急に途切れてしまうと「既読を付けているのに返事をしてくれないなんてショック……」「もしかしてウザい!?興味ない!?」と不安になってしまいますよね。そこで今回は「既読スルー」する男性心理に迫ってみます。

■実は気を引きたい!?「小悪魔タイプ」

なかなか返事が来ない間、彼のことで頭がいっぱいで悶々とした経験はありませんか。まさにそれが彼の狙い。少しずつ焦らしながら、あなたの気持ちをグラグラと揺るがそうとしているのです。

しかし、それに気付いて負けじと「既読スルー」を仕返ししてしまうと、彼の負けん気に火をつける結果になってしまい意味がありません。ここは一歩オトナになってその作戦にのり、即レスしてあげてください。小悪魔カレをピュアな態度でキュンとさせちゃいましょう。

■要件のみで十分!「さっぱりタイプ」

目的を果たしたはずなのに面白いスタンプを送り合い、LINEをどんどん続けられる女性からしてみれば不思議かもしれませんが、男性は用件が済んだ際には無駄な連絡は省きたいと考える生き物。「あ、会話が終わったな」と彼が感じ次第、既読だけ付けて会話終了という流れです。多くの男性がこの方式を好むといわれています。

そんな彼らに対して「なんで返信くれないの?」「何かあった!?」などの追求は「ウザい」「説明するのもめんどくさい」としか思われないので要注意。既読で会話が終わったら「既読が会話終了の合図」と割り切って、こちらもサッパリとした対応を心掛けましょう。

■可能性未知数「未読スルータイプ」

「既読スルー」よりも更に厄介なのが「未読スルー」。男性の中には「じっくり考えたいから、きちんと落ち着いて返信できるタイミングで確認したい」という律儀な人もいますが、数時間ならまだしも何日も放置されてしまうとやはり気になりますよね。

もし「未読スルー」を頻繁にされてしまうようなら全くの脈ナシか、「真剣に考えたい」という本気の脈アリという「究極の二択」が考えられます。あなたのこれからのアプローチにかかっているといえます。リサーチを積んで、諦めずに頑張ってみましょう。

時に「既読スルー」には、「タイミングが悪くて」「仕事の都合で」などの大人の事情もチラホラ。気軽にメッセージを送ることができるのは嬉しいものですが、LINEに囚われすぎるのもよくありません。気にとめすぎず、直接会った時を大切にして素敵な恋愛を楽しめれば、良い関係を育むことができるかもしれません。

(恋愛ライター・花輪 えみ)