1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 楽しそうすぎ!ウルトラテクノロジスト集団・チームラボのオフィス拝見

楽しそうすぎ!ウルトラテクノロジスト集団・チームラボのオフィス拝見

  • 2016.11.6
  • 769 views

最近勢いのある会社、人気の企業ってどんなオフィスなんだろう?って気になっちゃいませんか?

先月から始まった、Woman Insight編集部が気鋭の会社に突撃する連載「会社SNAP」。第2回目は、エンジニア、数学者、建築家、デザイナーなど、様々なスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団、チームラボに潜入してきました!

 

オフィスがあるのは東大近くの本郷。入り口最初に出てくるのは、こちらのタッチパネルディスプレイ! 「フェイスタッチ」といって、チームラボが作ったプロダクトだそうです。

用事のある方をタッチすると……

呼び出しボタンの他にも、その人個人のパーソナルな情報が出てきました! 待っている間に自分を知ってもらい、共通の話題があれば楽しいよね、とつけられたシステムだそうです。

ミーティングスペースの窓際には、たくさんの観葉植物!

そしておもしろいのがテーブルの柄です。

よく見ると、カラフルなドット絵でつくられていました。この机は東京をイメージしているそう。

いろいろな柄があり、全てチームラボで制作しているとのこと。ネットのAAや顔文字で作られた柄もありました。かわいい!

このテーブルも一見普通に見えますが……

「めもですく」といって、天板が紙になっている巨大なメモ帳机なんです! 打ち合わせの際、この机に直接企画イメージをみんなで書き込み、ブレストしていくこともあるのだとか。

 

カラフルな椅子は「ブロックチェア」といい、こちらもチームラボでデザインされた椅子です。「高さが50cmくらいなので、企画しているアート作品の、だいたいの大きさを決めるためにも使います」とのこと。チームラボらしい使い方ですね……!

 

天井には記念撮影ができる遊び心たっぷりの自撮りカメラ。チームラボカメラといって、カメラの前に立ち、手をかざすと撮影できます。撮影した画像は、facebookページにアップロードされちゃいます。

 

廊下にはチームラボが制作したデジタルアートが飾ってあります。

 

そして天井や壁を泳ぐ巨大な鯉。木村英輝画伯に描いていただいたそうです。迫力あります……!

壁が全体的に黄色なのは「暖色のほうが話しやすくなり、刺激を多く与えて活性化するから」だからだそう。たしかに明るい!

おや、気になる部屋が……。チームラボではアート会場の現場に行くときのため、工具やヘルメットなど、いろんな材料が準備してあるそうです。

 

緑背景の部屋があるのはなぜかな?と思ったところ、ここでは合成用の撮影が行われている様子。スタジオも自前なんですね!

 

8角形の形をパーツにして、レイアウト変更の時などパーツを組み合わせてユーザーの手で自由な形に組み立てる事ができる棚「東京絵巻棚」には、いろんな言語の書籍や雑誌がたくさん。

チームラボのアート作品が掲載された、世界各地のトップ新聞紙も飾ってありました。一面ですね。

取材中もいろんな場所で打ち合わせが行われており、とにかく活気のあるオフィスでした! カラフルに彩られた壁や床は、楽しく仕事をするのに一役買っていそうでした。次回はいよいよ、ウルトラテクノロジスト集団である、チームラボの皆さんに直撃インタビューです!(たきたて玄米)