1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男子がドン引きする女子力アピール4選

男子がドン引きする女子力アピール4選

  • 2016.11.6
  • 60714 views

今回は、見穿けば磨くほど、男子がどんどんドン引きしてしまう女子力について、見ていきたいと思います。

さっそくご紹介しましょう!

 

1:「お風呂は最低でも2時間は入ってる!」

「半身浴をして、汗をかいてデトックス……だか、ダイエットだかをするということで、彼女は毎日、最低でも2時間お風呂に入っていると言います。運動で流す汗と、お風呂の汗って、ぜんぜん別物なのに、よくやってるな~と関心……することなく、ただただドン引きです」(27歳・広告)

男子って、どんなに立派な温泉に行っても、ちゃちゃとお風呂に入って、さっと出てくる……みたいなことしかやらないので、2時間もどうやってお風呂に入っているのか、不思議に感じるのでしょう。

 

2:「エステで*十万円のローンを組んだの!」

「彼女は、『エステで*十万円のローンを組んだ』と言います。彼女はまだ22歳です。しかも、ぼくが見た限り、彼女はエステに行く必要がないほど、整ったプロポーションです。エステに行く必要のないカラダに、なぜローンを組むのか……彼女の金銭感覚というか美意識にドン引きですよ」(25歳・IT)

だいたいエステなんてものは、行く必要のない女子が行っており、行く必要のある女子は行っていない……と言えば怒られそうですが……でもみなさん、若いときは多少むっちりしていて「ふつう」ですし、ローンを組んでまで行くところでもないように思いますが、いかがでしょうか。

 

3:ワイン通

「4つ年上の彼女は、かなりのワイン通です。201*年にできたフランスワインは、日照や雨の関係で美味しいとか、そういうウンチクをぼくに語ります。が、ぼくは、彼女が過去にどんな男と付き合ってきたのか、気が気ではありません。というか、金持ちの男と付き合ってきたのかなと思って、ちょっとドン引きです」(24歳・通信)

その人がどれほどのワイン通なのか? を見ることで、だいたいの過去の恋人が想像できるわけです。

若くして、ワイン好きの金持ち男子と付き合ってきた女子は……そういう過去を認めてくれる男子と交際したほうが無難ということなのでしょうか。

もっとも、今の時代、「ワイン好き=お金持ち」とは限らないわけですが、若い男子の中には、そうは考えられない人もいるのでしょう。

 

4:毎日ちがう洋服を着ている

「女子力が高い女子は、毎日ちがう洋服を着るものだと信じ込んでいるぼくの彼女は、毎日ちがう洋服を着て出勤しています。そのわりに貯金が500万円ほどあります。ぼくなんか月収25万円で、毎日おなじスーツを着て出勤しているわりに、貯金ゼロです。もう彼女の経済力にドン引きするしかありません」(27歳・飲食)

毎日おなじ洋服を着て女子が出勤したら……「この子、昨夜も男の部屋に泊まったのかな?」なんて、会社の人に思われかねないでしょうから……せっせと洋服を買いそろえておけばいいのではないでしょうか。あるいは着回しテクを磨いておけばいいのではないでしょうか。

 

 

いかがでしょうか。

世の中には、さまざまな「女子力の磨き方」がありますよね。

でも、考えるまでもなく、女子力を高めようと思えば、あるていどお金が必要になってきます。

たとえば、ワイン通がかならずしも高い女子力を意味するとは思いませんが、「ワインに詳しい=女子力が高い」と仮に定義するなら、いろんなワインを飲もうと思えば、お金がかかります。

というわけで、女子力をもっと磨きたい女子は、もっと稼ぐことを考えてみるといいかもしれません。

しっかり稼いでいる女子が、お金にものを言わせて(?)女子力を磨いたところで、彼氏は驚くだけでドン引きなどしないでしょう。とくに若い頃は、自分が稼いだお金をなにに使おうと自由なわけですから。

それに、しっかり稼いでいれば、必然的にいろんなドラマが生まれるので、恋心が敏感になって、ますます女子力が高まります。

女子力を磨くというのと、稼げる女になるというのは、イコールなのです。

 

 

 

(ひとみしょう/ライター)