1. トップ
  2. ダイエット
  3. 朝のたった3分が美人の分かれ道!一日中メラメラ燃える代謝アップエクサ

朝のたった3分が美人の分かれ道!一日中メラメラ燃える代謝アップエクサ

  • 2016.11.6
  • 67461 views

慌ただしい朝の3分は貴重です。バタバタで1分でも惜しいという人もいるかもしれませんが、朝フィットネスはとても気持ちよく、体も調子いいと出勤前の女性に人気というのも事実です。そこで今回は健康づくりのプロである筆者がヨガの指導で行っている朝プログラムから厳選し、自分でできる3分以内で代謝をあげる朝のフィットネスを紹介します。

 

■1:体捻り……寝起きにう~んとひと捻じり、寝たままの姿勢でできる

うつ伏せになり、両手を顎の下で重ね、片脚を太ももから上げ反対側へ倒し、身体を大きく捻じります。脇からお腹、腰、太腿と広範囲にわたる多くの筋肉部位が刺激されます。

捻じりは、30秒ずつ左右を行います。そのとき、両肘はつけ、ラインをまっすぐに保ち、息を止めないようにしましょう。

 

■2:鋤(すき)のポーズ……ゴロ~ンで体伸ばしと内臓活性

仰向けになり、腰から上体を曲げ両足を頭の方に下ろします。首から背中、腰、お尻、足先まで体全体が伸び、内臓の働きがアップします。

鋤のポーズを40~60秒キープし、お腹を膨らませるようにゆっくりと呼吸を繰り返しましょう。

 

■3:牛の頭のポーズ……ゆがみ、傾きをリセット!肩こりや腰痛対策に

両膝を重ねるように座り、両手を背中側でつなぎます。肩関節、股関節の柔軟性を高め、猫背やガチガチ背中に効果的です。

牛の頭のポーズを30秒ずつ左右ともに中心ラインに膝を近づけていきます。もし両手がつかない場合は、出来る範囲で問題ありません。

 

■普段歩きをエクササイズに

上述のヨガのほか、普段からよほど重い荷物でなければ階段を使う習慣をつけましょう。歩くときは少し大股で早歩きすることがポイント。ラッシュや人混みもスタスタ、すり抜けるようにスイスイと。いつもの歩きがエクササイズウォーキングになり代謝を高めます。特にデスクワークの人は通勤が貴重な活動量を稼ぐ時間です。

 

いかがでしたか? この中の1つでもいいのでやってみてください。代謝を上げる朝フィットネスで体にエンジンをかけ、アクティブで素敵な一日をすごしてくださいね。

【筆者略歴】

※ 小川りょう ・・・ ヨガ、ウォーキング、ストレッチ、アロマなど、美と癒しの運動指導とスクワット指導を兼ねた健康づくり講演活動を行う。その他健康・美容関連商品プロデュースやTV・ラジオ出演、執筆業等。ももしりスクワットメソッド普及に努めている。