注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. 恋愛
  3. “初デート”で「身体の関係」アリ?ナシ?

“初デート”で「身体の関係」アリ?ナシ?

  • 2016.11.5
  • 35722 views

女性にとって、恋愛のスタート時にはよくある考え事です。初デートでしなかったら何日後?何週間後?と、つきまとう悩み事。初デートでしたら、将来の2人がうまくいかなくなりそう?
今回は、どんな選択をしたらいいか見てみましょう。

タイプによる「感じ方」の違い

同じ行為でもあなたのタイプによって感じ方が大きく違います。あなたのタイプはどちらか確認してみましょう。

身体関係推進派

行動派で、あまり理屈を考えないタイプの人は、初デートで身体の関係を持つと、心に火がつきます。本能に従って選択することができるので、強い刺激を人生に感じることができます。

ネガティヴ派

「もしかして雰囲気に飲まれてしまったのかも」「考えなしに行動した状況だったのかも」「イエスもノーも言わなかったのに…」と、その後、いろいろと考え事をしてしまいます。
このタイプの場合には、身体の関係を通して恋愛に発展することもありますが、本当に相手が合っている人の場合に限ります。恋愛に「まった」ナシ?!

推進派

初めて出会ってお互いが引かれやったら、拒否する必要なんていりません。2度目は無いかもしれません。

ネガティヴ派

少し待たせると欲望が大きくなるし、本当の愛または、一瞬の感情か判断できます。相性は男女にとって大切

推進派

2人の関係を作るのにとても大切です。できるだけ早くわかっておく方が、2人が本当に合うかどうかを、早い段階で判断できます。

ネガティヴ派

フィジカルコンタクトをとってお互いを近くに感じる事はとても大切だけど、カップルはそれだけではありません。相手に思いやりを持てる事が大切です。お互いをより深く分かり合う

推進派

身体関係を持つ事は、他の事と比べものにならないくらい、お互いを分かり合えます。コミニケーションを深めることができ、気まずさを取り払い、良い時間を過ごせます。

ネガティヴ派

相手の興味をより引き、気持ちを把握するには時間をかけた方がいいです。身体関係だけでなく、価値観、考え方を分け合うことも必要。専門的な意見

Cornell大学の研究で6,000組のカップルで実験をすると、急いで身体関係を持ったカップルは、後々障害が起きやすい傾向がありました。
特に女性側が不満を持つケースが多く、男性にとっては大きな変化はありませんでした。結論

まず一人一人考え方や方法が違う事は当然です。身体関係を持つまでの特殊なワクワク感や時間は、2人にとって1回しかない瞬間です。少し待たせてみるのもいいかもしれません。その間、男性は待ちながら様子を伺い、求愛してくれます。

精神科医の言葉

「この時期はカップルにとってとても楽しい時で、本当に好きな人かどうかわかるのに必要な期間です」

タイプによって、捉え方が分かれますが、あなたが自分で「後悔しない」選択が重要です。