1. トップ
  2. グルメ
  3. パンがあってもケーキを食べたい♡ 『マリー・アントワネット アフタヌーンティー』

パンがあってもケーキを食べたい♡ 『マリー・アントワネット アフタヌーンティー』

  • 2016.11.4
  • 6540 views

期間限定の女子向けアフターヌーンティー

グランド ハイアット 東京2Fのフレンチ キッチンでは、『マリー・アントワネット アフタヌーンティー』(1名3,000円 税・サービス料別/動画は2名分)を2月いっぱいまで楽しむことができます。
※「ヴェルサイユ宮殿<監修> マリー・アントワネット展」は、2017年2月26日まで森アーツセンターギャラリーで開催中

今回提供されるのは、マリー・アントワネットをイメージしたスイーツの数々。なかでも、マリー・アントワネットが食したといわれるレシピを特別に入手し、当時のレシピを再現して作られた「マリー・アントワネット アンティークケーキ」は、女心をくすぐる特別な可愛さです。

薔薇の花やイチゴがあしらわれた、見ているだけで幸せを感じるほどのケーキを、スタッフに切り分けてもらいます。一口ほおばると甘さでとろけそうになる味わいの理由は、”当時は貴重であった砂糖やバターを、ふんだんに使っていたから”なのだそう。

可愛いスイーツと一緒に楽しめる秋の味覚

食べきれないほどのスイーツと一緒に提供されるのは、さまざまな秋の食材を使ったフィンガーフードたち。(スイーツとフードは、全部で10種類も!)「茸とポワローのキッシュ トリュフ風味」や、目の前のオープンキッチンで燻製されたスモークサーモンを使った「スモークサーモンのブリニ」なども含まれ、少し遅めのランチとしても十分に楽しめます。

色あいの美しい紅茶は、マリー・アントワネットが実際に過ごしたヴェルサイユ宮殿内にある、”王の菜園”で摘みとられた薔薇とりんごが使われているのだとか。これは、世界的に有名な紅茶ブランドのニナス(NINA’S)が、マリー・アントワネットをイメージして特別にブレンドをしたもの。

香り高いローズの香りと新鮮なりんごの酸味が、アフタヌーンティーを楽しむ時間をより盛り上げてくれそうです。今年の秋冬はここでしか味わえない上質な時間を、たっぷり堪能してみませんか?

※大人気のため、早めの事前予約がオススメです。
※メニューは変更になる場合があります。
※フィンガーフードなどは季節に合わせて変更があります

取材・文/小松田久美

イベント情報

・イベント名:グランド ハイアット 東京 オールデイ ダイニング 「フレンチ キッチン」
・催行期間:2016年10月01日 〜 2016年02月28日
・住所:東京都港区六本木6-10-3 グランド ハイアット 東京 2階
・電話番号:03-4333−8781