1. トップ
  2. ダイエット
  3. 冷え改善や代謝アップに!朝の1分で出来る万能ヨガポーズ

冷え改善や代謝アップに!朝の1分で出来る万能ヨガポーズ

  • 2016.11.4
  • 20635 views

ヨガの代表的な「アーサナ(ポーズ)」を使った毎朝1分で行えて全身を調整する太陽礼拝のご紹介です!

太陽礼拝は一定のリズムで呼吸に合わせて連続でアーサナ(ポーズ)を行います。覚えてしまえば1分もかからないので、毎朝忙しい時にも行うことが出来ます。毎日同じ動きを行うことで体調の変化にも気づきやすくなりますよ! さっそく明日の朝から、ぜひ試してみてくださいね。

■太陽礼拝の効果

大きく全身を動かすことで脳を目覚めさせ、ウォーミングアップや体温を上げる効果があり、女性の悩みに多い冷え性の改善や免疫力が向上します。

基礎代謝も上がり、太りづらい身体作りにも一役買ってくれ、ウエスト・お尻・二の腕を引き締め、スタイルアップも期待出来ます。

連続して大きく全身を動かすことによって、関節の柔軟性を高めて稼働域を広げ、体幹・全身の筋力強化、姿勢の矯正や、身体のゆがみによる頭痛、腰痛、肩こり等の不調を緩和します。

また、ソケイ部を刺激することでリンパの流れを良くし、老廃物を体外に排出しやすくするデトックス効果もあります。呼吸に合わせて行う事で、心肺機能が上がり自律神経を整えることでストレス解消にもなります。

こんなにも嬉しい効果がいっぱいの「太陽礼拝」。やらないなんて損ですよね。簡単なSTEPなので、ぜひ覚えて毎日行ってみてください!

■太陽礼拝のやり方

STEP1

足を腰幅に開いて立ちます。

STEP2

息を吸いながら手を頭の上に上げ、両手を合わせて指先を見ます。

STEP3

息を吐きながら前屈をして頭を下に下げる。

STEP4

息を吸いながら、背筋を伸ばして斜め前の床を見ます。

STEP5

息を吐きながら右足を大きく後ろに下げ、息を吸いながら背筋を伸ばし目線を上げます。

STEP6

息を吐きながら両手を肩幅に広げて床に降ろし、左足も後ろに下げ(両足は腰幅に広げる)、息を吸ってかかとから頭頂までまっすぐに伸ばし、両手の間を見ます。

腕の筋力で身体を支えるのが難しい方は膝を床に降ろします。お腹が下がってしまう方は腰を痛める原因になるので、お尻を少し天井方向に引き上げて行います。

STEP7

脇を締めた状態で、息を吐きながら両膝、両胸、顎を床に降ろして肩と耳は遠くに離します。

STEP8

つま先を前方へ蹴りだしお腹を床につけ、息を吸いながら上半身を起こして正面を見ます。足の甲と太ももの前側で床をしっかり押しながら、背筋と吸う息で上半身を維持します。

STEP9

息を吐きながらお尻を後方へ引き上げて両手で床を押して背中を伸ばし、おへそを見ます。かかとが床につくのが理想ですが慣れるまでは膝を曲げて行ってもOK です。

STEP10

息を吸いながら右足を右手の内側に大きく踏み込み背筋を伸ばし目線を上げます。

STEP11

息を吐きながら左足を前方へ戻し、そのまま前屈をします。

STEP12

息を吸いながら上体を起こして両手を頭上に上げ、吐く息で両手を胸の前に降ろして両手を解放し、STEP1の姿勢に戻ります。

はじめはエネルギーを消費しているように感じるかもしれませんが、朝日を浴びながら全身で深呼吸をして朝の清々しい空気を全身に取り入れるようなイメージで行ってみると◎!

今回はどなたでも行えるように簡略したやり方でご紹介いたしました。またヨガの流派などによっても異なる太陽礼拝の行い方もありますので、慣れてきたら他のものもチャレンジしてみてくださいね!

(伊藤 恵里)