1. トップ
  2. ファッション
  3. コム デ ギャルソン・コム デ ギャルソン 17年春夏コレクション - ファッションとアートの狭間

コム デ ギャルソン・コム デ ギャルソン 17年春夏コレクション - ファッションとアートの狭間

  • 2016.11.3
  • 6315 views

コム デ ギャルソン・コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS COMME des GARÇONS)の2017年春夏コレクションが発表された。

黒と白を基調とした世界に現れる、ジャケット・シャツ・フレアスカート・クロップドパンツ。コム デ ギャルソン・コム デ ギャルソン好きなファンであれば、デイリーワードローブであるはずの‟定番”ピースたちが、今季はアートピースのような特別なものへと昇華している。

小さな丸襟のブラックワンピースは、膝が隠れるほどの丈感で本来であれば上品な洋服。しかし今回は、フラワー模様をパンチングするように施し、さらにシースルーのアームカバーを添えた。この透明な空洞の中には、コットンやクロスペーパーが詰め込まれ、ファッションアイテムというより芸術作品のような印象。

光沢あるタフタのワンピースにはスパンコールをたっぷりと、またテーラードジャケットには刺し子のような細やかな刺繍を施して、活躍の場を日常から特別なシーンへと移している。

また、数枚レイヤードしているように見えるギミックなデザインも特徴的。ブラックジャケットの下にインナーを忍ばせたように見えるルックも、実は1枚のトップス。ジャケットを裏返しにするように、背中部分をおなかの辺りに配置し、前身頃をカーディガンを羽織るように重ね合わせることで、ぱっと見ではわからない複雑な構造を作り上げている。

黒と白の世界に投じられる、刺激的な色彩。レーヨンベルベットのブルーパンツは、波打つように揺れ動き、星のように光沢を放つ。また、ボタニカルモチーフの刺繍パンツも、オレンジやグリーン、ブルーなどが一枚の中で顔を出し、異国なムードを醸し出している。