注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. スキンケア
  3. 見た目年齢の分岐点!年齢が出やすい「首」のケア

見た目年齢の分岐点!年齢が出やすい「首」のケア

  • 2016.11.3
  • 11856 views

いつまでも老けずに若々しくいたい! と思うのは、女性にとって切実な願いです。アラサーになるとそろそろ気になるアンチエイジングですが、年齢が出やすいといわれる3大パーツをご存知でしょうか。

シロノクリニックが40代以上の女性100人に調査したところ、年齢が出やすいパーツは「首」「手」「髪」とのこと。中でも首は、最も年齢を左右するパーツのようです。

そこで今回は、年齢が出やすい「首」のケアをエステ講師の筆者がご紹介したいと思います。

■いくつに見える?首の見た目の年齢印象

こちらはフェリシモが行った「首の見た目の年齢印象」の実験。以下の写真それぞれが、30代・40代・50代、どの世代に当てはまると思いますか?

(出展:「首に年齢がでやすい」ってホント?老け印象を年齢のせいにしない、パーツケア発想の「ネックセラム」フェリシモから新登場/フェリシモ)

なんと、答えは全員50代なんだそう!

メイクで隠せない首のシワは、確かに見た目年齢を左右する重要なパーツのようです。

筆者も以前、20代前半のとても美人な女の子に出会ったのですが、キレイな顔立ちなのに首のシワがひどくて残念に思ったことがあります。毎晩よく遊んでいるとのことだったのでケア不足では? と思ったのと、体育座りで寝ているというのが原因だと考えます。

ここまで極端ではなくても、デスクワークやPC、スマホで下を向く機会が多い現代女性は、首のケアが必須です。ジワジワ深くなっていく前に、今からきちんとお手入れをしていきましょう。

■首は顔の皮膚とつながっている

今からやっておきたい首のケアのひとつが「保湿」。シワは乾燥が大きく影響しているのは首も然り。実は首もけっこう乾燥するんです。

お手入れは顔と同じスキンケアでOK。デコルテまで顔の一部と考えてケアをする習慣をつけておきましょう。

■横ジワを作らせない!スキンケアと一緒にやりたい首ケア

乳液やオイルなど、たっぷり保湿をして行いましょう。

●鎖骨を流す

鎖骨はリンパの出入口といわれる場所。これから流す老廃物が滞らないように、まずは鎖骨リンパ節の通りをよくしましょう。

チョキで鎖骨を挟んで、中心から外に向かって何度か流します。

●首の横は上から下

顔を横に向け、耳から鎖骨に伸びる筋肉が胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)。この筋肉を目安に、首の横は上から下に流します。

肩こりがひどい人は、耳に近い部分の筋肉を掴んで左右に揺らしてみてください。ほぐれると肩こりや頭痛が楽になりますよ。顔色もUPするので是非お試しください。

●首の正面は下から上

鎖骨を押さえて手アイロンでシワを伸ばすつもりで、下から上に流しましょう。

●ストレッチ

最後にストレッチを10秒だけ行いましょう。上を向いて舌を突き出して10秒キープ。猫背に注意してくださいね。

いかがでしたか? 今からコツコツ続けて首のシワを気にせずに、10年後、20年後も胸元が開いた服を素敵に着こなしたいですね。

(紅華堂主宰・エステ講師・坂本 雅代)