注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. ダイエット
  3. ドラッグストアで買える!生理トラブルに効く体質別漢方薬4選

ドラッグストアで買える!生理トラブルに効く体質別漢方薬4選

  • 2016.11.2
  • 16950 views

生理痛や生理不順に毎月お悩みの女子も多いと思いますが、これから寒くなって冷えてくると、ますます症状が辛くなる人もいるのではないでしょうか。毎月の体調のサインでもある生理ですが、本来なら痛みもないし、サイクルも一定、レバーのような塊も出ないのが正常です。

まだまだ長いお付き合いの生理。毎月憂鬱な思いをしたり、そのたびに痛み止めを飲むよりも、体質改善をして正常な生理を迎える生活にしてみてはいかがでしょう。

そこで今回は、国際中医薬膳師の筆者が、生理のトラブルに効く体質別のおススメ漢方薬をご紹介したいと思います。

■将来の妊活も視野に!女性の悩みに効く漢方薬4選

●貧血気味の冷え性女子には「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」

身体が華奢で疲れやすく、眠りが浅い冷え性女子に。足腰が冷える、顔色が悪い、生理不順、汗をかきにくい、貧血気味、むくみやすい体質に合う漢方薬です。

顔色が悪く、手足の冷えやすい女性は月経の周期が遅れ気味。これは血虚(けっきょ/栄養不足)のある人が冷えによって引き起こされた症状と漢方ではいえます。

当帰芍薬散は全身に栄養を与え、血行を促進させるのと同時に利尿作用で余分な水分をとり除いて、冷え症や生理不順を改善する効果があります。

●肩や脚がパンパン女子には「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」

骨太で筋肉もしっかりしたメリハリ女子で、肩こりと脚のむくみがひどく、生理前にイライラやすいタイプに。下半身の冷えがきつい、生理前や生理の前半に気分が悪くなる、シミやアザができやすい体質に向いています。

このタイプは血が滞っているため、生理痛が重くなりがち。

桂枝茯苓丸は、滞った「血(けつ)」のめぐりを良くすることで、下半身に熱を巡らせて、足冷えなどを感じる方の生理痛を改善します。

●ホルモンバランスを整える「温経湯(うんけいとう)」

身体に水を溜め込みやすい全身むくみ女子で、特に下半身がぽっちゃり。頭痛と便秘が悩みで生理が重いタイプに。月経周期が不規則、腹部が冷えて痛む、月経困難、足腰が冷える体質の人に向いています。

温経湯は月経不順など女性特有の病気の治療に古くから用いられてきた漢方薬で、最近の研究では、月経をコントロールするホルモンの分泌が低下しているときは促進し、過剰な場合は抑えるなど、ホルモンバランスを整えて月経の不調を改善する働きがあることがわかっているようです。

冷え性や不妊症など、幅広く使われている漢方薬です。

●PMSが辛い、気遣いし過ぎ女子には「加味逍遥散(かみしょうようさん)」

華奢で筋肉が少なく、性格的に心配性でいろいろ気にし過ぎる女子に。PMSが辛く生理不順になりやすいタイプで、疲れやすい、イライラ、肩こり、月経不順、月経困難などがある体質に向いています。

漢方の著書『和剤局方(わざいきょくほう)』に記されており、多くの女性が使ってきた漢方薬といわれています。

体力が少ない方の「更年期障害」、「月経困難」、「月経不順」、「冷え症」、「不眠症」などの症状に幅広く処方されています。

将来の妊活のためにも、その場しのぎの痛み止めより体質改善を今からしてみてはいかがでしょう。生活習慣や食生活を見直して、体質に当てはまっている漢方薬があったら参考にしてくださいね。

(紅華堂主宰・エステ講師・坂本 雅代)