1. トップ
  2. グルメ
  3. 「なばなの里イルミネーション」世界の絶景を大パノラマで - 200m光のトンネルや“秋”のトンネルも

「なばなの里イルミネーション」世界の絶景を大パノラマで - 200m光のトンネルや“秋”のトンネルも

  • 2016.11.2
  • 3044 views

「なばなの里イルミネーション」が2016年10月15日(土)から2017年5月7日(日)まで開催。

壮大なスケールと高いクオリティで贈る「なばなの里イルミネーション」。今回のテーマを「大地」と設定し、世界四大大陸の秘境を始め、日本が世界に誇る絶景など5つの情景を世界最高峰のプログラミング技術により演出する。

見る人すべてを圧倒する壮大なテーマを表現するために、なばなの里史上最大の高さ約30m 、横幅約155mという超巨大スケールの大パノラマのイルミネーションを作成。最新LEDにより移りゆく壮大な景観をより鮮やかに、繊細かつダイナミックな臨場感あふれる演出で表現する。

アメリカ大陸 モニュメントバレー(Monument Valley)

アメリカの原風景、大西部のロマンを彷彿させる絶景「モニュメントバレー」。先住民族が聖地と呼んだ神秘の荒野が広がる大地に、雄大な光景が広がる荘厳な姿の美しさは格別だ。

南極大陸(Antarctica)

地球最後の秘境「南極大陸」。何万年もの間、融けることなく碧く美しく輝く巨大な氷河や氷山、極地に生きる野生動物のペンギンやクジラのドラマティックな姿は、息を呑む美しさだ。

アフリカ大陸(the African Continent)

壮大な大自然の光景が広がるアフリカ。黄金に輝く太陽に照らされ、キリンやゾウなどの様々な野生動物達の命あふれる力強いシルエットがオアシスの水辺に映る。アフリカを象徴する木「バオバブ」など、サバンナに生きる野生動物や大自然を舞台に、雄大に広がる情景が浮かび上がる。

ユーラシア大陸 / プリトヴィツェ湖群国立公園(Eurasia / Plitvice Lakes National Park)

世界遺産「プリトヴィツェ湖群国立公園」がモチーフ。大小いくつもの階段状に点在するエメラルドグリーンの湖と滝が織りなす情景は、奇跡のような景観を生み出している。

棚田("TANADA" Japanese Rice Terraces)

千枚田とも呼ばれる棚田の風景は、日本が持つ美しい原風景。日本を代表する懐かしの風景であり、四季の移ろいの中で、そして、一日の中でさえ、さまざまに表情を変える情景は格別だ。

それだけでは終わらない、イルミネーション人気スポット

100mの光のトンネル(Brilliant autumn leaves)

日本の四季「秋」をイメージ。新緑深まる緑から赤へ幻想的に色変わりしていく。トンネル内を見渡せば、まるで真っ赤な秋の紅葉に囲まれたような幻想的な感覚に。3色のLEDの絶妙なバランスで、日本らしい優しい鮮やかな色合いを演出。若草色~緑~蜜柑色~柿色~橙色~朱色~赤~茜色~深紅などがゆっくりと移り変わる様子が「秋」の情景を思わせる。

200m 光のトンネル(アーチングイルミネーション 華回廊)

「なばなの里イルミネーション」の代名詞とも言える200mの光のトンネル。可愛い花びらを模った「暖かなあかり」を基調とした白熱電球で全長約200mの「光のトンネル」がつくられています。あえて白熱電球にこだわりぬいて装飾するトンネルは、「なばなの里」のイルミネーションへの信念だ。

【概要】

なばなの里 イルミネーション
期間:2016年10月15日(土)〜2017年5月7日(日)
開催場所:なばなの里 里全体
点灯時間:17:00(日没時間等により変動あり)〜営業時間終了
営業時間:9:00~21:00、平日及び、年末年始(12/31、1/1)
※12/28~30、3/1~5/7は除く
9:00~22:00、土休日及び、繁忙時期(12/28~30、3/1~5/7)
※12/31、1/1は除く
料金:入村時に「なばなクーポン」2,300円購入が必要(なばなの里内で使える金券1,000円分付)
※小学生以上

なばなの里

所在地:三重県桑名市長島町駒江漆畑270
お問合せ窓口 TEL:0594-41-0787