注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. 恋愛
  3. ほぼミッションインポッシブルなのに!? over35から結婚した女性達の共通点

ほぼミッションインポッシブルなのに!? over35から結婚した女性達の共通点

  • 2016.11.1
  • 31852 views

婚活市場において、多くの男性が結婚相手に求める年齢は35歳までといわれ、“35歳は婚活のデッドライン”との意見も。一番の理由は「妊娠が難しくなりそう」というイメージが強いからでしょう。

しかし、諦めるのはまだ早い! 筆者の元を訪れる相談者は、35歳以降で婚活に成功した女性もたくさんいます。世の中、女性を年齢でジャッジする男性ばかりではありません。女性を年齢に関係なく“中身”で選んでくれる男性もいます。そういう人は、実は知性的で懐が深い男性が多いですから、アナタも諦めずに探してみる価値があるのではないでしょうか。

そこで今回は、セラピーを通じて多くの女性を幸せな結婚に導いてきた“女のしあわせ研究家”の筆者が、35歳以降で婚活に成功した女性達が持っている3つの共通点をご紹介します。

 

■35 歳以降で“婚活に成功した女性”の3つの共通点

(1)“本気”で結婚相手を探した

これだけはいえることですが、35歳以降に結婚できた女性は、“本気”で相手を探した人。知人に紹介を頼む、積極的にパーティやイベントに参加する、趣味のサークルなど、男性と出会いがありそうな場所に出かける、と諦めずに動いた人です。

「人から“そんなに結婚したいんだ……”と思われようが、自分の幸せのため。腹を決めて紹介を頼みに行きました」という人も多いですよ。

逆に相手が見つからない女性の多くが、「社内の先輩がみんな独身なので婚活しずらい」「紹介を頼むことに抵抗がある」「パーティやイベントは苦手」などを理由に、きちんと行動を起こせていないという実態があります。

 

(2)男性が喜ぶスキルを研究し、身に付けようと努力した

結婚するには仕事のスキルとは別に、プライベートなスキルが必要です。それは“料理が上手い”といった家事スキルだけではありません。

笑顔を心がける、相手のいいところをみつける、聞き上手になる、女性らしい話し方を心がける、わかりやすく意思を伝える、など、“男性が喜ぶこと”を素直に実行できるのも、大切なスキルとなります。

35歳以降に結婚できた人は、そういったことを一度は真剣に研究し、身につけようと努力した人なのです。

 

(3)男性の“苦手なこと”や“抱えている事情”に対して寛容である

一見ステキな男性であっても、独身であることにはやはり理由があります。自分から女性を誘えない、メールの返信が遅い、といった女性慣れしていない人にありがちなことや、仕事が忙し過ぎる、転勤する可能性があるなど、「だから結婚できなかったんだ」という事情に対し、彼女たちは“寛容”になれたからこそ結婚できたといえます。

「言葉は不器用だけど、本当は優しい」「忙しい人だけど、信頼できる」と、男性の本質に目を向けるからこそ、男性からも「女性は年齢じゃない」と思ってもらえます。

 

また、若い男性と“年下婚”をする人も増えていますよね。その場合も、多くは“自分より年収が高い人”という願望を手放さなければなりませんが、「夢や希望を与えてくれる」「キャリアを尊敬してもらえる」といった“年下男子ならではのメリット”に目を向けるからこその選択、といえるでしょう。

このように35歳以上の婚活は、本気度が高く、柔軟な考えを持てた女性ほど成功しています。「これができていなかった……」と思い当たった女性も、今からでも決して遅くはないでしょう。結婚したい人はぜひ諦めず、トライしてみてくださいね。

【筆者略歴】

※ 珠艶 ・・・ 女のしあわせ研究家・ヒーラー・美容整体師。女性の幸せをトータルケアするヒーリングサロン『レボルシオン』のカリスマセラピスト。仙台・東京にて活動。著書『ラブ・セラピー』他。

【画像】

※ Dean Drobot / Shutterstock