注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. おでかけ
  3. パナソニックが新歴史館を建設、「松下幸之助に出逢える場所」がコンセプト

パナソニックが新歴史館を建設、「松下幸之助に出逢える場所」がコンセプト

  • 2016.11.1
  • 1993 views

パナソニック株式会社が、創業100周年にあたる2018年に向けて「パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館」の建替えを行う。新歴史館は2018年3月7日(水)に開館予定。なお、新歴史館の建設に伴い、現歴史館は2017年10月末に閉館する。

現歴史館は、パナソニック(当時は「松下電器産業株式会社」)の創業50周年を記念して1968年に開館した企業博物館。一般にも公開されており、様々な企画展を行ってきた。

そして、2018年に創業100周年を迎えるのを機に、次代に継承可能な歴史館にすることを目的として、建替えを決定。「松下幸之助に出逢える場所」をコンセプトに1933年当時の第3次本店社屋の外観を復元し、場所を第3次本店の跡地(現歴史館の東側空地)に移して新築する。

新歴史館では、創業者・松下幸之助ゆかりの品や創業期から現代までの特徴ある製品・資料映像の展示とともに、創業者の生い立ちや会社の歴史を、同社の映像・音響技術を活用して分かりやすく案内。また、現歴史館にはなかった多目的スペース等を新設し、企画展示の充実を図っていく。

【概要】
パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館 新歴史館
場所:大阪府門真市大字門真1006番地(第3次本店跡地:現歴史館の東側空地)
開館:2018年3月7日(水)(2017年9月竣工)※予定
外観:1933年に大阪市内から門真市に移転した際の、同社第3次本店社屋を復元
住所:大阪府門真市大字門真1006