1. トップ
  2. ファッション
  3. シャネル 16-17年クルーズコレクションのビジュアル、ビーチに流れるノンシャランな雰囲気

シャネル 16-17年クルーズコレクションのビジュアル、ビーチに流れるノンシャランな雰囲気

  • 2016.11.1
  • 3462 views

シャネル(CHANEL)2016-17年クルーズコレクションのビジュアルが公開された。舞台は人けがなく太陽がさんさんと降り注ぎ、暖かく塩を含んだ海風を感じるビーチ、そして小さな南の町の木陰のある小道。

ノンシャランな雰囲気の中、カラーとモノクロームのイメージ上に穏やかなセンシュアリティを漂わせながら、2人のヒロインが自由を楽しんでいる様子がおさめられた。 起用されたのはスコットランド出身のモデル・ステラ テナントとアルゼンチン出身のモデル・ミカ アルガナラズ。

ステラ テナントは、ボーイッシュな美しさでマスキュリンカットのジャケットを羽織り、ブラックのピンストライプ入りアイボリーパンツの上からワイドベルトを着け、シャツをインした着こなしを披露。また、体にフィットしたスペンサージャケットとタイ、そしてルサージュの職人によってカメリアをいくつも刺繍したティアードペチコートのスタイリングも。少し傾けたパナマハットが、ギャングのような雰囲気を吹き込んでいる。

一方ミカ アルガナラズは、暑い南の太陽のもと、スパンコールが施されたブラックベレーやシャイニーイエローのドレス、さらにグリーン、ブルー、レッドの植物モチーフがいくつも刺繍されたセーターを纏っている。

メゾンを象徴するパールとカメリアのロングネックレスを首やウエスト周りに付けた着こなしも。耳元で揺れる大きなフープイヤリングが、センシュアルで若さに満ちたエネルギーを醸し出している。

なお、撮影はデザイナー・カール ラガーフェルドが担当。フェニミンな装い、そして奔放で陽気なトムボーイの魅力、両方が融合したスタイリングが披露された。パリっぽく、モダンでオープンマインドな2016-17年クルーズコレクションに注目したい。

(c) CHANEL