1. トップ
  2. ダイエット
  3. 動画で簡単「猫手マッサージ」! セルフマッサージの基本をマスターしよう! 

動画で簡単「猫手マッサージ」! セルフマッサージの基本をマスターしよう! 

  • 2014.11.20
  • 337 views

「継続は、力なり」。キレイを保つためには、継続することが大切ですよね。1回1分のマッサージを組み合わせて続けるだけの、猫手マッサージ第3弾。前回の続きになる、フェイシャルとボディーのセルフマッサージでおこなう、5つの基本テクニックのうちの残り3つをお伝えします!

■テクニック3.猫手グリグリ

リンパ液をろ過する働きを持つリンパ節を圧迫したり、凝り固まった筋肉をほぐしたりする手技です。顔や体の深部をゆっくりと、強くというより深く、刺激します。ポイントは

・人差指の第二関節を使います。

・小さい円や、円の上半分を描くようにマッサージします。

・顔や体の深部をゆっくりと刺激します。

猫手マッサージはリンパや血液の流れを良くし、筋肉を柔らかくしてからラインを整える、という流れで行うので、猫手グリグリでしっかりと筋肉をほぐしてください。

■テクニック4.猫手プッシュ

エステティックの技術で「リンパ節のポンパージュ」という、リンパ節を圧迫する手技があるのですが、猫手プッシュの圧迫でポンパージュをしたり、細かい部分を刺激したり、筋肉を固定したりと、様々な場面で活用します。ポイントは

・人差指の第二関節を使って、ピンポイントで刺激する。

・3秒かけて徐々に深く押し込み、3秒かけてゆっくりと離す。

・人差指から小指までの指の第1関節と第2関節の間の面を使うこともある。

筋肉が柔らかくなってから、リフトアップして固定するのも猫手プッシュです。痛気持ち良いくらいが丁度良い力加減なので、弱すぎず強すぎない圧をかけてください。

■テクニック5.猫手パンチ

エステティックの技術で「打法」という、細胞を活性化させたり、セルライトや凝り固まった脂肪を柔かくほぐしたりするテクニックです。主にボディーに活用します。ポイントは

・人差指から小指までの4本の指の第一関節と第二関節の間の面を使う。

・痛気持ち良い程度の強さでたたく。

・お尻や足など、体の広い範囲を刺激する。

足の浮腫が気になる夜に、猫手パンチで簡単ケアなど、顔の細かい箇所と、ボディーの大きな箇所は、手技を変えて効率よくマッサージします。

これで猫手マッサージ基本テクニックが完了です。次回の猫手は、いよいよマッサージの工程にはいります。毎日の1分が、10年後のお肌を変える! という美意識を持ち続けて、たるみ知らずの美肌美ボディー作りを目指しましょう。

(服部恵)