1. トップ
  2. レシピ
  3. 冷え取り効果だけじゃない!今が旬な根菜の美肌効果に迫る

冷え取り効果だけじゃない!今が旬な根菜の美肌効果に迫る

  • 2014.11.18
  • 419 views

冬に食べたい野菜といえば、ほくほくの根菜。心も体もじんわり温まる根菜ですが、実は冷え取り以外にもお肌に嬉しい効果があるのだとか。根菜が持つ美肌パワーについてお話ししたいと思います。

■今が旬の根菜は値段も安く栄養豊富

野菜の中でも根の部分を食べるものを根菜と呼び、食物繊維やビタミンがたっぷり詰まっていますので、一度にたくさんの栄養素を摂取することができます。根菜は基本的に1年を通して食べることができますが、特に旬は秋から冬にかけて。 糖度や水分が多く含まれています。また、炒めて食べれば歯ざわりがよく食べ応えがあることから、食べ過ぎを防ぐことができますし、煮炊きすることで消化がよくなり胃腸にも優しくなったりと、ちょっとした工夫次第で大変な美肌の味方になってくれます。

■根菜別美肌効果

(1)大根

ふろふき大根やおでんなど、冬場に大活躍してくる大根は根菜類の中でもカロリーが低く、100gあたり、なんと20kcal前後。大根のおかずであれば、多少食べ過ぎても、太ってしまう心配はありません。また、カリウムも100gあたり230mgと、むくみ防止にも嬉しい効果が期待できます。冬場は体が水分を溜め込みやすくなるからこそ、積極的に大根を食べて冬太りを防止したいものですね。

(2)サツマイモ

サツマイモは便秘解消に役立ってくれるイメージがありますが、実際に食物繊維含有量は白米の約10倍。さらに、サツマイモの主成分はでんぷん質ですが、同じでんぷん質の米や小麦と比べても消化吸収のスピードが遅いため、ぜんどう運動(※)が活発になります。便秘がちな人こそ、サツマイモを積極的に食べたいもの。 ※ぜんどう運動=胃や小腸、大腸などの消化管が伸び縮みして食べ物を運ぶ働きのこと。

(3)ニンジン

ニンジンといえば、あの鮮やかなオレンジ色の元となるβカロテンが豊富な根菜。βカロテンは体内でビタミンAの原料になりますが、1日に必要なビタミンAを摂取するには、ニンジンを約半分食べれば十分。 ビタミンAは、皮膚やのど、鼻、消化管といった粘膜を正常に保つ働きがありますので、これからのシーズンに風邪を引かず健やかに過ごすためにも、食生活にニンジンを取り入れるように心がけましょう。

体を温めてくれる上に、それぞれが美肌に嬉しい効果を持っている根菜類。冬場の食卓には根菜類をたくさん活用したいものですね。

(前田紀至子)