1. トップ
  2. メイク
  3. 実はネイルの必需品!ベースコートきちんと塗ってますか?

実はネイルの必需品!ベースコートきちんと塗ってますか?

  • 2016.10.20
  • 9729 views

ネイルって、カラーだけきっちり塗っていればいいと思っていませんか?それはおおきな間違いかも。仕上がりをキレイにするにはベースをしっかりと押さえておくのが大事!ベースコートが大事なポイントなのです。今回はベースコートについて詳しく説明します。

ベースコートの役割

色素沈着を防ぐ

ベースコートを塗ることで、爪の表面の色素沈着を防いで、
爪の黄ばみを防止してくれるといわれています。

ベースコートを塗らずにカラーをしてしまうと、
爪に色素が沈着して、黄色い爪になってしまうかも。

 

爪の乾燥を防ぐ

何のお手入れもしていない爪は、乾燥しがち。

爪が乾燥すると二枚爪になったり、爪が割れたり、
折れるなどさまざまなトラブルを引き起こします。

ベースコートを塗ることで爪の乾燥を防いでくれます。

 

カラーを定着、長持ちしてくれる

ベースカラーを塗ることで、ネイルカラーをしっかりと爪に定着させ、
発色を良くしてネイルを長持ちさせてくれます。

ベースコートを塗るのと塗らないのでは、
仕上がりに大きな違いが出てきてしまいます。

 

ベースコートとトップコートの違い

ベースコートとは

ベースコートの主な役割は、爪を保護すると同時に、
カラーと爪の接着の効果を高めて剥がれにくくしてくれます。

また、カラーの発色をよくしてくれる効果も。

ネイルカラーで爪が酸化してしまうのも防ぎます。

 

トップコートの役割

トップコートの役割はネイルカラーにツヤを出してくれるのと、
ネイルカラーを剥がれにくくすることです。

トップコートをしないネイルは摩擦や衝撃に弱くなり、すぐに剥がれてしまいます。

 

2つの違いは?

ベースコートには接着効果が高まる皮膜形成補助剤が、
トップコートには摩擦に対する耐久が高まる皮膜形成剤が多く配合されています。

2つの成分は非常に似ていますが、
目的により配合される成分量が異なります。

 

ベースコートの塗り方

まずは爪のお手入れ

まずはベースコートを塗る前に、
爪の表面の余分な汚れや脂を取ります。

エメリーボードで爪の形を整えた後、
コットンを湿らせ、爪の表面をキレイにふき取るようにします。

爪の裏側も忘れずに!

 

ベースコートを塗る手順

・まずは裏側部分に!

ボトルの口でハケをしっかりとしごいて量を調節します。

まず、爪の裏側にベースコートを塗り、その次は爪の中央から塗ります。

爪の生え際よりも手前にハケを置いて一気にスーッと爪先まで動かしましょう。

 

・次に左右を

次に爪の左右にベースコートを塗ります。

塗る部分は必ず自分の体側へと向けることがポイント。

端までちゃんと塗れるように指の腹を使って塗る個所を広げるようにしましょう。

 

注意するポイント

ベースコートを塗る時は、爪の状態に応じて重ね塗りをすることが必要です。

また、塗る前のケアは絶対に怠らないようにしましょう。

特に甘皮をしっかりケアすると、キレイな仕上がりになります。

 

まとめ

ベースコートの大切さ、お分かりいただけましたでしょうか?

美しいセルフネイルで色々楽しみたい時には、必ず基本が大切です。

爪のケアはもちろんのことですが、ベースコートをしっかりと塗って、
土台をきちんと作り上げてから、さまざまなネイルを楽しんでみて下さいね。

 

元記事を読む