1. トップ
  2. ファッション
  3. シナ スイエン 2017年春夏コレクション - 袈裟に魅せられて、音色で奏でる刺繍のオーケストラ

シナ スイエン 2017年春夏コレクション - 袈裟に魅せられて、音色で奏でる刺繍のオーケストラ

  • 2016.10.19
  • 1481 views

シナ スイエン(sina suien)の2017年春夏コレクションが、2016年10月19日(水)に東京・青山で発表された。

今シーズンは、デザイナー・有本ゆみこが訪れた新潟の西明寺から着想を受け、僧侶の衣服=袈裟、着物、インドのサリーなどをイメージしたウェアを披露。

モデルがゆっくりと登場し、手になにやらキューブのようなものを手にしている。これはよく見るとスピーカーで、独特の音色が辺りに鳴り響いてゆく。

そんな中登場する衣服は、インドの民族衣装である「サリー」の要素をあらゆるところに感じさせる。淡いブルーやパープル、ベージュの色彩に映える、美しいゴールドの装飾と刺繍。目を凝らすと、スパンコールやビーズ使いも見られ手の込んだディテールに気づく。ウェアと共に音の欠片が歩き回り、まるで“刺繍のオーケストラ”が出現する。

さらに、ロングワンピースはレオパード、チェック、ドットと異なる柄の布を縫い合わせたかのような、パッチワーク風のデザインに。元来「袈裟」は、身に纏う僧侶が世間で不要となった布を自ら縫い合わせ、進行の旗印に昇華していたという。そんなストーリーとのつながりを感じさせた。他にも、左前合わせのドレスやガウンの帯使いは、着物からのインスピレーションを感じさせる。

いずれもバックスタイルでの絶妙な肌見せや、肌が透けるレース使いによって、妖艶な雰囲気を醸し出しているのが特徴だ。 着た人が眠るように心地よく陶酔するさまを込めて名付たというブランド名を感じさせる、優艶な服と演出であった。