Lilico、今どきのネットトラブルに喝!!「第三者が巻き込まれる」SNSあるある4つ

TwitterやLINEなどのSNSは、もはや私たちの生活には欠かせない身近なコミュニケーションツールです。

しかし、簡単に人とつながることができるというメリットがある一方で、人間関係についての様々なトラブル があるのも事実。

最近は芸能人の間でもそういったトラブルが起きていると耳にします。

そこで今回は、ネットユーザーが実際に経験した「SNSトラブル」についてご紹介!

あなたも思わず共感してしまうようなエピソードがあるかもしれません……。

●「誤送信」「第三者が巻き込まれる」SNSのトラブルあるある

『Twitterは共通のフォロワーのやり取りが見えちゃうのがトラブルの元。そこに男女が絡むともっと厄介。 前に友達が、好きな男の子と別の女が仲良くやり取りしてたのを見ちゃったらしく、大荒れしてた』

『LINEで彼女とケンカになったことがある。次のデートどこに行くって話題になって、あっちが出してくれた候補に対して「いいね」って返信したら、「なんか冷たい」「嫌ならいいよ」って……。俺的には本当に興味あるとこだったから「は?」ってなって。あれは本当面倒くさかった』

『義母へのイライラが溜まりにたまって、ある時旦那に突発的に「ほんっとにムカつくんだけど!!」とラインを送信。そのあとスマホの画面を見て冷や汗……間違って義母本人に送ってたんです。 すぐに「旦那と電話でケンカしちゃって」とごまかしました。“義母”って入れてなくて本当によかった』

『Twitterで同じゼミの2人が言い争いしてて、見苦しかった。おまけにその翌日はゼミの日で雰囲気サイアク。何が一番嫌かって、何の関係もない第三者が気を使わなきゃいけない こと。人を巻き込むな』

ネットでは、SNSでイヤな経験をしたことがある人のホンネが続出。

みなさんそれぞれ大変な思いをしているようです。

SNSならではのオープンな空間や、相手の表情が見えない ことが原因でトラブルになっていることが多い印象。

またメッセージを送る相手を間違えて、ヒヤッとする経験をしたという人もいます。

●Lilicoも喝!ネットのトラブルは「コミュニケーション不足の問題」

こうしたネット上のトラブルは芸能界でも起きていて、他のタレントからも非難の声が上がる事態となっています。

ここ最近で記憶に新しいトラブルといえば、坂口杏里さんと重盛さと美さんのバトル。

事の発端は、セクシー女優デビューが話題になった杏里さんについて、元所属事務所の先輩に当たる重盛さんが「唯一連絡を取り合う後輩でした」と発言したこと。

これに対して杏里さんが、自身のツイッターで「唯一連絡取ってたって取ってなかったんだけど……さすが腹黒いや」と反論。

するとその杏里さんの投稿に対して、重盛さんの後輩タレントが、重盛さんを擁護するようなコメントを返信するという展開に……。

その後も重盛さんはブログで「テレビで話した事はすべて事実です」「連絡をとっていたのも事実です!」などと主張し、2人の“公開バトル”が話題になりました。

この騒動については、芸能界の他のタレントからも呆れ声が。

タレントのLiLiCoさんは『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演した際、2人のネット上での言い争いについて一喝。

LiLiCoさんは「なんだかね」と呆れ顔をみせ、「(ネット上のやりとりは)ダメですよ。こういうトラブルは絶対にコミュニケーション不足だけの問題 」とばっさりコメント。

さらに「連絡取り合えばいいのにね、普通に。だって連絡先、知ってるわけでしょ?」と、直接話し合った上で関係を修復するように求めました。

----------

芸能界でも話題になったネット上のトラブル。

こうしたトラブルは、見ている人を不快にさせるなど、第三者を巻き込んでしまうのも大きな特徴の一つ。

ユーザーは改めてSNSの特性について把握し、自分の使い方について考え直す必要がありそうです。

人とのコミュニケーションの基本は相手との対話。

誤解を避けるためにも、それぞれのコミュニケーションツールをバランスよく活用していきたいですね。

【画像出典元リンク】

・LiLi.Com/http://ameblo.jp/lilicom/image-11889087217-12993604571.html

(文/恋愛jp編集部)

元記事を読む
提供元: 恋愛jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。