比嘉愛未、ミムラ、佐々木希、「心の傷」を語る【インタビュー】

自分たちの傷に向き合いながら母の過去を辿り、未来への一歩を踏み出そうとする、3姉妹の愛と葛藤を描く家族再生の物語・映画『カノン』。Woman Insightでは、3姉妹を演じた比嘉愛未さん、ミムラさん、佐々木希さんにインタビューを行いました。映画のお話のほかに、皆さんの「心の傷」への思いや、家族の秘密などをお届けします。

 

Woman Insight(以下、WI) 皆さんの見どころをお願いします。

比嘉愛未(以下、比嘉) 家族の再生と未来へ踏み出す、希望を描いている作品です。私は、3人姉妹とお母さんとの関係性が複雑で……。ディープな題材を元にしていて、見ていて辛くなるシーンもあるんです。でも母の足跡や人生を探るうちに3人姉妹は、お母さんの“思い”とともに、自分の抱えている傷に向き合う強さを身に着け、最終的には未来に希望が満ちていく作品になっています。

佐々木希(以下、佐々木) 茜はアルコール依存症で、辛い思いを“させられた”と思っている母親と同じ病気で、「止めたいけれど止められない葛藤」をしますが、でも弱いからまたお酒に頼る……。でもお姉ちゃんたちの支えがあって、それを克服していく。本当に重いけれど「明るい未来に向かっていく」ところが見どころです。

ミムラ ほとんどのロケを富山で行っていて、その土地の力に助けられたところがありました。晴れていても、海と山があるので湿度がぶつかって、すぐ雨雲ができる。本当にコロコロ変わる天気の中だったので、撮影隊は大変だったと思います。でも作品のベースにある複雑さと天候が妙に合っていて、湿った風が吹いたと思ったら、カラッとする。台本を読んで「ちょっと難しいかな」と思っていても「(演技が)できてしまう」そういう土地の“利”を感じました。実際に地元のかたにもご協力いただいて、行ったかいがあった風景映像もたくさんありますので、それも見どころだと思います。

 

WI 3人の共演は初めて?

ミムラ はい。みんな初共演です。

 

WI ロケは、富山・金沢が中心だったんですか?

比嘉 3週間ほどの撮影期間だったんですが、金沢は1日で撮りきって、あとはずっと富山で撮影しました。

ミムラ すごい贅沢な撮影でしたよね。(ふたりともうなずく)

 

WI 撮影がない時も、ずっと一緒に過ごされていたんですか?

比嘉 カメラが回っていない時もいろいろな話をしましたし、時間って大切ですよね。そういう時間がたっぷりありました。

ミムラ ときどき、仕事で東京に戻るかたもいましたが、撮影はパートに分かれていて「今は藍ちゃん(比嘉愛未)パートだよね」とか「希ちゃん(佐々木希)頑張っているかな」って。

比嘉 各個人に山場があるのでエールを送りつつ。そんな感覚が姉妹っぽくなっているのかも。

 

WI どのような話をされていたのでしょうか?

ミムラ モラハラだったりアルコール依存症だったり、それぞれの役が社会問題として取り上げられるような重いテーマを抱えていますが、比嘉ちゃんが「役へのアプローチと、ストーリーテーラーとしての引っ張り方」など悩みを話してくれたことにより「あ。なるほど」ってヒントになることが私はありました。

比嘉 役だと、自分の目縁でがんじがらめになっちゃうんですが、相談することで違った答えが見える。「こういう捉え方があるんだ」って広がる感覚に助けられました。

ミムラ 聞いてもらえただけで違う感じ。ディスカッションになるわけではないんですが。

佐々木 聞いてもらえるだけで、嬉しい。

比嘉 普段、孤独な仕事だと思いました。台本を覚えるのも。でもふたりがいてくれるから、心強い感覚がありました。今日久しぶりに集まって、ほっとしました。

ミムラ 先ほども取材材始めないといけないのに、わらわらしゃべっててすみませんでした(笑)。

(c)2016「カノン」製作委員会

WI そういう密な時間を過ごされたので、姉妹らしく見えたのでしょうか?「見せ方」として工夫したことはありますか?

比嘉 “見えるように”って、難しいですよね。

ミムラ 私たちみんな三きょうだいなんです。だから気を使わないで「楽ちんだね」って、その感じが姉妹に見えたのかしれません。

比嘉 姉妹に見えるように「こうした」ではなくって、自然と持っているものが共鳴したのか「大丈夫」と思ったんです。それって演じたとしても限りがあるというか、空気感が出せないと思うんですが、不思議な縁だな。って思います。

ミムラ あと、映像的なところでいうと、身長が同じくらいなんです。

比嘉 そうそう。さっき並んだ時も、改めて思いました。

ミムラ スリーショットを撮った時に、揃って映るというのは、大事なことだったのかも。(笑)

 

(c)2016「カノン」製作委員会

WI 鈴木保奈美さんと共演していかがでしたか?

比嘉 保奈美さんの演じる役が、一番苦しくていろいろな意味で大変だったと思うんですね。現場でお会いした時も、本当にげっそり痩せられていて、いつもキラキラしたイメージなのに、全然変わっていて、役としてたぶん誰とも話していないくらい。その瞬間“役を生きる”ではなくって、その3週間はお母さんとして役に入ってらっしゃったので、そういった緊張感はありましたね。「おはようございます」って挨拶するだけで、あとは目も言葉も交わさないというか……。

ミムラ 私は以前、保奈美さんと共演させていただいたことがあって、その時はすごくフランクな方で楽しくおしゃべりをした記憶があります。本当に違う役作りで、我々後輩は“ついていく”という感じでした。そこに緊張感があって、母親ではあるんですが近い存在ではなくって、むしろ地球上の誰よりも遠い距離にいる人間で……。

佐々木 掃除のシーンが印象に残っているんですが、絶対に近寄れない何かがあって、もうこれは話しちゃいけないと思うほどでした。

比嘉 でもそれがあったからこそ、引っ張って行ってもらえた。そういう空気を作ってくださって、感謝していますし、初号試写の時に明るく話してくださったので、「あ。全然違う」って(笑)。

ミムラ デニムの“つなぎ”を着て、かっこいいヒールを履いて、1つだけシンプルなダイヤのアクセサリーを着けて、「かっこいい!(お母さん!?)」って。

比嘉 もう「初めまして」と言いたくなるくらいで(笑)。

ミムラ 「大変だったね〜」ってすごい気さくで(笑)。

比嘉 私も、保奈美さんのクランクアップが一緒にシーンだったんですが、終わった瞬間に「終わった!」って本当にほっとした笑顔を見せてくださって。現場ではひとつも笑顔を見せなかったので、それだけのプレッシャーや覚悟が感じられて、女優の先輩としてもかっこいい。尊敬できました。

(c)2016「カノン」製作委員会

WI 本作は、子供のころ大人から受けた傷を探求します。ご自身は探求しますか。

比嘉 私も、それをすごく考えました。ここまでモラハラやアルコール依存症だったりって、言葉にできたらいいんですが、“そうじゃない(言葉に出せない)傷”もたくさんありますよね。抱えていない人っていないと思うんです。

 

WI 私も、多かれ少なかれ、皆さんお持ちだと思います。

比嘉 でも、私もこの作品を通してたどり着いたのは、やっぱり辛いですが自分自身にとって、自分が一番気が付いていなかったり、見えてなかったりするんです。この姉妹もそうで、「分かっちゃいるけど逃げていた」んです。でもそこから一歩踏み出す勇気というものが、私の演じた役は“愛”がきっかけだったんですが、踏み出せたからこそ、確実に明るいほうへ進んでいったんです。その時は辛いんですが、踏み出すべきだと思います。藍は一度は逃げ出そうとしたんです、でも実は受け止めくれる人は、そばたくさんいる。自分だけで意固地になって閉じこもっているだけかもしれません。問題によって解決法はさまざまあって一筋縄ではいかないかと思いますが、自分が自分にどう向き合うか? それをできる勇気を持つことが、これから先も自分の人生の大きなテーマだと感じました。仕事もプライベートも公開したくないので“常に勝負して、突き進もう”と思えたので、いい時期に出会えた作品だと思いました。

佐々木 私も、一緒ですね。さっきも言いましたが、その時は一歩踏み出せないとしても、今回は3姉妹で助け合って、自分ひとりの力ではなく、前に進めたんですが……。たとえ一人っ子だとしても、周りに支えてくださる人はたくさんいるし、一人じゃないという気持ちを強く持って前に進むと明るい未来があると思います。また、自分の知らなかったことで、周りの人が良かれと思って隠していたことが見つかるかもしれないし、子供の頃にわからなかった感情とかを大人になってから知るのは、捉え方が全然違ってくることもあると思うので、絶対に踏み出してほしいと思います。

ミムラ 私も大本は一緒なんですが、ただ問題に取り組むとなった時に、問題の発生地点が自分だと逃げられないですよね。なのでうっかり手を付けて崩壊することもあり得る気が……。

比嘉 あ~。

佐々木 そうですね。

WI なにが問題か?によってですね。

ミムラ そうですね。例えば比嘉ちゃん演じる藍ちゃんはとてもいい婚約者がいて、彼がお義母様と一緒に受け止めてくれて、自分にもうひとつ家族ができた。じゃこっちの家族ではトライしてみよう。もしへとへとになって疲れちゃっても、受け止めてくれる人がいる。というところで、勇気を持てた面もあるので、まず時間薬っていうのは、効いてはくれると思うんです。あんなに気になっていたのに、5年経ったらそうでもないとか。

比嘉 そうそう。あります。あります。

ミムラ ね。今思うと10代の頃のモヤモヤなんて、すっごくちっちゃいよね!(比嘉さん、佐々木さん 「そうそう」と大笑いしながら、うなずく)

 

WI その頃は大事に考えていますよね。トラウマにならない人もいます。

ミムラ トラウマはもっと大きなことですよね。実体験から応援の意味も込めてお話ししたいんですが……。心の傷になって過呼吸や蕁麻疹になって、でもそうなったときに「いま克服にトライできる?」「ノー、無理」ってこともあると思うんです。逆に「今だったら」と思いきってトライして、失敗でぼろぼろになったとしても、そこはトライ前とは大きく違う。そうして経歴として傷と付き合って、経験値があがったら楽になることもあるので、「時間薬」と「自主的なトライ」。うまくこのふたつを使い分けて、安心を得てほしいと思います。

比嘉 人間て「弱いな。繊細だな」があって、確かに時間がたってケロッもあるので、同時に強さもあるんですよね。

ミムラ この作品も、ファンタジックに見せかけて、実はどうなるのかわからない。みんな戻っちゃうかもしれないし。でも、やり続けていくだけの価値を得たと思うんですね。

(c)2016「カノン」製作委員会

WI 映画の中で、秘密が判明しますが、家族に対して秘密はありますか?

比嘉 秘密……。自分の秘密はないんですよね。隠せないタイプなんで。ただ、自分の姉妹が「実はこうだった」って最近聞いて驚愕しました。普通に妹が霊感があることをつい最近知ったんです。「小さいころから見えていたよ」って。「それ今!」って。深くなく普通の感じに言われて。姉妹なのに。「あれ? 言っていなかった?」って感じで。

ミムラ (笑いながら)楽しい妹さんだね。でも自分が気が付いてないだけで、姉妹からしてみたら(隠しているな!)思うことがあるのかもしれないですよね。私も家族の誰とは言えないんですが、ある秘密を知って驚愕したことがあります。たぶん本人は誰にも知られてないと思っているので、そのことについて話すこともできない。ビックリした。「こんな近くにいるのに知らんかった」って。

比嘉 でも、家族ほどね。

ミムラ そう。“分かっている”っていう思い込みがね。いま言いながら動揺しているよ(笑)。

比嘉 わかりましたよ。まだ動揺しているって(笑)。

 

WI 佐々木さんはいかがですか?

佐々木 私も隠せないタイプです。隠せなくって、自分から全部言っちゃう。(比嘉さん、ミムラさんが大きくうなずく)

ミムラ この作品を見ていると「家族だからとか近いからってジャンル分けをしないで、その人を知ろうよ」っていうのもある気がします。

(c)2016「カノン」製作委員会

WI では、最後に代表して比嘉さんにメッセージをお願いします。

比嘉 3人姉妹も母も同じなんですが、男性・女性、年齢などとらわれずに、誰かが演じる“役柄の思い”が自分の心にリンクする・共感してもらえるエッセンスがいろいろなところにちりばめられているので、引っかかってもらえたらうれしいと思います。とてもディープで切ないシーンもあるんですが、暗いだけではなく“未来を見据えて、未来に向かって歩みだせるパワー”になればいいな。と思って作ったので、そこが作品にも出ていると思います。とくに最後のピアノのシーンは吹き替えなして私たちが頑張ってやったので、そこが一番見逃さず見ていただきたいです。

 

たしかに映画で扱っているものはディープですが、インタビュー中はとにかく「明るい!」笑いいっぱい。そして本当に3人が昔からの知り合いのように自然と目の前に座っているのが印象的でした。また、家族の秘密で比嘉さんの妹さんの「霊感」のときは、ふたりが「エー!」と言いながら、実際は長く3人で「何? 何?」と聞き入っている姿は、その瞬間は仕事を忘れて、女子会のように。3週間で絆という時間を過ごしたようです。

子供のころの傷やあの時の母の思いを探索する映画『カノン』は、角川シネマ新宿ほか絶賛上映中です。(平山正子)

公式ホームページ: http://kanon-movie.com

 

元記事を読む
提供元: CanCam.jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理