1. トップ
  2. ファッション
  3. トッズ 2017年春夏ウィメンズコレクション - レザーが物語るブランドの美学

トッズ 2017年春夏ウィメンズコレクション - レザーが物語るブランドの美学

  • 2016.9.25
  • 3333 views

トッズ(TOD'S)が2017年春夏ウィメンズコレクションをイタリア・ミラノで発表した。

バイカーやピーコート、ジャケット、 Tシャツ、ミニドレス……それぞれのルックに組み込まれたラグジュアリーなレザー。それはブランドの美学を語る上で欠かせないもの。全てが手仕事による仕上げであり、隠された職人技がアイテムを洗練されたものへと昇華する。ステッチはスカートのスエードに活力をもたらし、フリンジはジャケットやミニドレスに躍動感を与えて軽やかさを演出。

レーザーカットでメッシュ のように仕上げたドレスや、カラーパイソンのストライプで作るドレスにはエレガンスが溢れ出している。時折、レーザーパターンのリボンをストライプのファブリックとして採用し、愛らしさも秘めているのが、トッズらしい美学の表れだ。

また、コンパクトなホルターネックとフレアミニ、緩いプルオーバーにショートパンツといった、レザーであることを忘れさせるような軽快なスタイリングもトッズならでは。爽やかなシャツやデニムパンツなどをプラスして、ひとつの素材を見違えるほどに表情豊かなものへと導く。

新アイコンであるアクセサリー「ダブル T」は、手元と足元に光を与えた。バッグは、レザーだけでなく豊富な形とカラーで登場。そして、足元の定番“モカシン”は、シルバーに輝くメタリック加工のバージョンがプラスされた多様なシューズとなり、サンダルは、クロスしたストラップに、精緻なステッチが随所に施された優雅な一足となっている。