1. トップ
  2. 恋愛
  3. 既婚者の男女に聞く、結婚する前にチェックしておきたいポイント

既婚者の男女に聞く、結婚する前にチェックしておきたいポイント

  • 2014.11.11
  • 412 views

「結婚をしてもしなくても、どのみち後悔するだろう」これは、哲学者ソクラテスの名言です。この言葉のとおり、結婚したらしたで「こんなはずじゃなかったのに!」と思うことも多々あるはず…。そんなギャップは、なるべく減らしたいですよね。

今回は既婚者の男女に、“こんなはずじゃ!”と思ったことや、“相手のこういうところをチェックしておけばよかった”という体験談、さらに結婚後のアドバイスをきいてきました! 意外なところや、ちょっと笑える話も!?

■日常生活

・「おならをしょっちゅうするところが結婚前は気づかなかった! 生理現象だし、慣れたけれど、おならされると息をとめちゃう。」(20代女性)

・「日用品の買い物中、夫に『えー、そんな高いもの買うの?』『必要なくない?』と言われるのがイヤです。日常生活に対するお金の価値観は、デートだけだと見えないですね。」(30代女性)

・「相手が几帳面過ぎる。分かっていて結婚したけど、予想以上でした。たぶん同棲していたら結婚できてなかったと思う。」(20代女性)

・「付き合っていた頃は、相手の家で家事をしなかったから、相手の細かさを全然知りませんでした。茶碗の洗い方、重ね方、洗濯物の干し方、畳み方、賞味期限に対する敏感さとか。とにかくこだわりが強くて…。結婚当初は毎日が修羅場でした。それを何年かかけて合わせました。」(30代女性)

・「夫が、実家暮らしだったため家事が壊滅的。まさか、洗濯物の干し方も知らないとは…。早めにやらしてみてトレーニングしとけばよかったなぁと思っています。」(30代女性)

ひとり暮らし経験のある彼だと、家事にマイルールを持っていて几帳面。一方、実家暮らしだった彼は家事がまったくできない…。「結婚当初は毎日が修羅場でした」という言葉のとおり、結婚後に最初にぶち当たる壁かもしれませんね。結婚前に、彼の家事レベルをチェックして、心の準備をしておきましょう。

■ご両親との関係や、金銭的な問題

・「姑はチェックしておくべきですね。いま子育て支援に行っているのですが、多くのママ友は、子育ての話と同じくらい姑の愚痴が出てきますね。姑が嫁をライバル視しているんですよ。姑に対する夫の煮えきらない態度も悩みの種に。付き合っている時に相手の親とタメ口で話すようなフレンドリーな関係になっているか、逆にドライな関係を保つかしないと大変みたいです。」(20代女性)

・「夫と、夫のご両親との距離感がよくわかりません。夫がご両親と連絡をとるのを渋るし、ご両親から食べ物などを送っていただいたとき、ご両親に「お礼をしたい」と言うと、「来なくていい」と言われます。遠慮しているのか、私が来るのが嫌なのか…。」(20代女性)

・「年収や貯金などの、財政状況の明かし方は決めておけばよかったし、知っておけばよかった…。未だに謎です。親戚関係と相続については将来関わってくるから、知っといたほうがいいのではないかな。」(30代女性)

姑問題は、いつの時代もあるようですね! 夫と姑の距離感が、その後の嫁姑問題に大きく影響してきそう…。そして近年は、共働き夫婦が多いせいか、“財布は別”という夫婦が増えているようです。そのため、お互いの年収や貯金額を秘密にしているとか。でものちのことを考えると、お金のことは、早い段階で知っておいたほうがよさそう。

■男性にも聞いてみました!

・「部屋の掃除だけじゃなく、冷蔵庫や靴箱とかも掃除しているかどうか。意外とキレイ好きじゃなかった。」(20代男性)

・「スリッパを履くかどうか。嫁は、今まで履いて過ごしてきたらしいので、絶対にスリッパを履かなくてはなりませんでした。」(20代男性)

・「お酒に対する寛容さ。ビールは高いからと、発泡酒にさせられています。」(30代男性)

・「結婚後、嫁が急激に太りました。」(20代男性)

・「付き合いが長いのと、過去同棲していた経験もあるから、結婚前とそんなに変わりません。」(20代男性)

スリッパやお酒は意外でした! 女性は、「こういう質問大すき」「愚痴になっちゃった…」と日頃のうっぷんが溜まっている方も多いようですが、男性からは「特にない」というご意見もいただきました。

■子どもが生まれてから気がつくことも!

・「同棲中に見ていた感じと結婚後もあまり変わりません。強いていえば、子どもができてからでしょうか。私自身は気にしてなかった、夫のいびきに子どもが起きて困るとか。あと夫の趣味がゲームで休日もずっと家にいるのですが、たまには出かけてほしいと思うようになりましたね。子どもの世話があるのに夫の話を聞かないといけないのが、ちょっとしんどいです。」(30代女性)

■既婚者からのアドバイス

・「結婚後、“妻に求める理想像”を夫に聞いてみたら「それ、私には無理だ!」という感じでした。知っていたら結婚していなかったかもしれないけれど、そんなこと言っていたら誰とも結婚できないとも思います。夫は、几帳面でうるさいですが、でもだから家がキレイに保てていると思うようにしています。結婚したからにはあら探しするよりプラスに考えてくしかないですね。」(20代女性)

せっかく結婚したのだから、末長く仲良しでいたいですよね。そのためには、やはり結婚前と結婚後のギャップを少なくすることが大切です! 夫の家事レベルや、姑との距離感あたりは定番チェックポイントのようですね。しかし、こだわり過ぎると誰とも結婚できないですし、結婚しても長続きしないです。結婚を決めたからには、何事もプラスに考えていきましょう!

(名久井梨香)