1. トップ
  2. ダイエット
  3. 松岡修造ご機嫌で登場も、妻からは「あんた、ウラばっかじゃん」

松岡修造ご機嫌で登場も、妻からは「あんた、ウラばっかじゃん」

  • 2016.9.22
  • 70428 views

9月21 日、都内にて、ミズノのウォーキングシューズ「LD40 Ⅳ」のプロモーションビデオ発表会見が行われ、プロモーションビデオに出演するミズノ・ブランドアンバサダーの松岡修造さんに登壇しました。

会場後方から颯爽と登場した松岡さんは「オリンピック、全米オープン、デニスカップと錦織選手にノリノリにさせてもらったから、今日はね」と笑顔。

同商品を履きながらいきなり会場を一周し、「僕アスリートだから。膝を怪我しているし、筋肉の疲労をしたくないから」と話すと、目線をまっすぐに向けて歩く姿に、早稲田大学スポーツ科学学術院の川上泰雄教授も太鼓判を押すと、松岡さんは「エアケイじゃなく、“エアシュウゾウ”このシューズはエアーの中で浮いている感覚」とPR。プロモーションビデオは、ソール部(靴底=ウラ)が特徴のウォーキングシューズにちなみ、「松岡修造にはウラがある」というストーリー。奥様に話していると「あんた、ウラばっかじゃん」と言われたエピソードを告白しました。

松岡さんが一般参加者のメタボの悩みに関するトークセッションでは、質問者が壇上に上がったとたん、松岡さんが「よーい、ウォーキング!」と声をかけ、驚いた質問者もつられて壇上をウォーキング。予定外の進行に苦笑いの司会者から、質問は「昨年のスーツが着れなくなった」と太ったことが悩みだと発表されると「食べなきゃいいじゃん。ビールも飲まなきゃいいじゃん」と語る松岡さんに大爆笑となりました。

それでも「僕の感覚では、腹筋はキツクなって初めて効いてくる。疲れているときこそ動く。きつくても笑顔。自分は嫌でも、脳は喜んでいる。笑顔で階段。周りの目を気にしない」と持論を展開すると、教授からも「駅の階段50段くらいは、脂肪1グラムを消費しています」と日常のちょっとした動きの積み重ねが大切なことをアドバイスしていました。

次の質問は「夜、飲んだ後にラーメンが食べたくなる」という悩み。松岡さんの第1声は「当たり前じゃん!」とばっさり。しかし「夜の食事のあとは、消化しないと寝ない。走るより歩いたほうがいい」と自身が行っている習慣を話し、「“いいくせをつける”食事をしたら必ず歩く。ラーメンは楽しみだから食べる。その後はウォーキング」とアドバイスを送りました。

実は、松岡さん自体も太りやすい体質で普段から気にしているそう。「一番大切なのは歩くこと」とアドバイスを送りました。

最後に、松岡さんから格言「脳裏ウォーキング」が披露され、「遅い筋肉、“遅筋”を使うほうがいい。ウォーキングでリズムよく。こまめにちょっとした時間を使う」と話すと「笑顔と型が大切。笑顔と型を脳裏にしっかり焼き付けてウォーキング」と力説しました。

記者より、福原愛選手の結婚について質問が飛ぶと「心からおめでとう。嬉しい。泣き虫愛ちゃんを泣かさないで」と笑顔を見せました。

今日はちょっと話足りないのか、最後は名残惜しそうに会見場を後にする松岡さん。「笑顔で階段。周りの目を気にしない」のアドバイス。ぜひ皆さんも実践してみてはいかがでしょうか?(平山正子)